近刊検索 デルタ

2020年9月18日発売

彩流社

ヨーロッパ古代「ケルト」の残照

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
古代ケルト人の生活基盤となった定住地のオッピドゥムや
ヒルフォートに焦点を絞った歴史書。

元新聞記者の著者が、2010年より未踏の地をめざして取材を再開し、
いにしえの「ケルト」の残影を浮き彫りにしてゆく。
著者略歴
武部 好伸(タケベヨシノブ takebeyoshinobu)
たけべ・よしのぶ 1954年、大阪市生まれ。大阪大学文学部美学科卒業。 元読売新聞大阪本社記者。 ケルト文化に魅せられ、ケルト文化圏の国・地域への旅を 続けている。映画と洋酒にも造詣が深く、ユニークな執筆活動を展開中。 日本ペンクラブ会員。関西大学社会学部非常勤講師。 著書に 『ウイスキーはアイリッシュ ケルトの名酒を訪ねて』 (淡交社、1997年)、 『ケルト映画紀行 名作の舞台を訪ねて』 (論創社、1998年)、 『シネマティーニ 銀幕のなかの洋酒たち』 (淡交社、1999年)、 『スコットランド「ケルト」紀行 ヘブリディーズ諸島を歩く』 (彩流社、1999年、【改訂版】:彩流社、2010年)、 『ぜんぶ大阪の映画やねん 平凡社新おとな文庫―楽』 (平凡社、2000年)、 『スペイン「ケルト」紀行 ガリシア地方を歩く』 (彩流社、2000年)、 『北アイルランド「ケルト」紀行 アルスターを歩く』 (彩流社、2001年、【改訂版】:彩流社、2010年)、 『中央ヨーロッパ「ケルト」紀行 古代遺跡を歩く』 (彩流社、2002年)、 『フランス「ケルト」紀行 ブルターニュを歩く』 (彩流社、2003年)、 『ウェールズ「ケルト」紀行 カンブリアを歩く』 (彩流社、2004年)、 『に乾杯! ボビーズ・バー』 (新風書房、2004年)、 『東ヨーロッパ「ケルト」紀行 アナトリアへの道を歩く』 (彩流社、2005年)、 『イングランド「ケルト」紀行 アルビオンを歩く』 (彩流社、2006年)、 『イタリア「ケルト」紀行 キサルピナを歩く』 (彩流社、2007年)、 『アイルランド「ケルト」紀行 エリンの地を歩く』 (彩流社、2008年)、 『【ビジュアル版】ヨーロッパ「ケルト」紀行 上巻 島編』 『【ビジュアル版】ヨーロッパ「ケルト」紀行 下巻 大陸編』 (彩流社、2010年)、 『スコットランド「ケルト」の誘惑』 (言視舎、2013年)、 『ウイスキー アンド シネマ 琥珀色の名脇役たち』 (淡交社、2014年)、 『大阪「映画」事始め 映画上陸120年の真実』 (彩流社、2016年)、 『ウイスキー アンド シネマ2 心も酔わせる名優たち』 (淡交社、2017年)、 『大阪市の昭和 写真アルバム』 (共著、橋爪節也 監修、樹林舎、2018年) などがある。
タイトルヨミ
カナ:ヨーロッパコダイケルトノザンショウ
ローマ字:yooroppakodaikerutonozanshou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

彩流社の既刊から
二階堂卓也/著
鈴木れいこ/著
本日のピックアップ
日本評論社:升永英俊 
技術評論社:イーディーエル株式会社 平塚知真子、井上勝 青山司、島袋海 真鍋博美 
ユニプラン:ユニプラン編集部 公益財団法人東京観光財団他 
学文社:角南なおみ 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。