近刊検索 デルタ

2021年5月10日発売

かもがわ出版

続・「無言館」の庭から

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「生きゝる」
八十歳近い老人が、アト何年この館を運営できるかわからにけれど・・・
「無言館」という小舟に乗って荒波にあそばれる筆者の“漂流記”風エッセイ集であり、同館のガイドブック。
著者略歴
窪島 誠一郎(クボシマセイイチロウ kuboshimaseiichirou)
1941年、東京生まれ、父親は小説家の水上勉。戦没画学生慰霊美術館「無言館」「信濃デッサン館」館長、作家。『「無言館」ものがたり』(講談社、サンケイ児童出版文化賞)を始め、太平洋戦争に出征した画学生や夭折した画家の生涯を追った著作、父との再会や晩年を語る多くの作品で知られる。
タイトルヨミ
カナ:ゾクムゴンカンノニワカラ
ローマ字:zokumugonkannoniwakara

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

かもがわ出版の既刊から
蒔田純/原著 おかやまたかとし/イラスト
西山とき子/著
レイチェル・カーソン日本協会/編集 上遠恵子/監修
太田昌克/著
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。