近刊検索 デルタ

2021年8月19日発売

メイツ出版

もっと活躍できる! 小学生のためのバレーボールがうまくなる本 新装版

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
★ 全国優勝チームを育てた
指導者が教える、
今すぐ役立つ上達のコツ!

★ 強い球をレシーブしながら正確なボールを出すには。

★ 相手に読まれない「同じ姿勢からのトス」。

★ 強烈なスパイクを体に負担をかけずに打つ方法。


◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

これまで、バレーボールの世界では、
「気合や根性」が何よりも大切とされてきました。
小学生バレーボールにおいても例外ではないでしょう。
そして、厳しい指導のもとに、
とにかく敵のスパイクを拾って、
つなぐ「ディフェンスを重視する」
スポーツとされてきました。

しかし、私は、自分自身のたくさんの経験と、
さまざまな失敗から、
子供たちができるだけ自分で考え、判断し、
自由な発想で、想像力をはたらかせながらプレーする
「自主性バレー」を大切にしようと思ったのです。
そして、これまでの小学生バレーボールの常識をくつがえし、
「オフェンスを重視する」チーム作りに取り組みました。
それが、結果として、美しいフォームで、
素早くボールを展開する、
ミスの少ないバレーボールです。

私が指導したチームが、全国制覇を成しとげることができた成果によって、
バレーボールの目指すべき、
ひとつの可能性を示せたのではないかと思っています。

一度身についてしまったクセは、
大人になってからではなかなか直るものではありません。
特に、バレーボールの場合、
小学生のときにどのような技術を身につけるかで、
その後の成長は全くちがってくるといっても過言ではないのです。

また、小学生のバレーボールは、
勝利主義だけではいけないと思っています。
大切なのは、バレーボールを通して、
「強い心と体」、そして、なかまや人に対して
「思いやりの心」を育んでいくことです。
そうした意味でも、バレーボールを通して、
目標を決めて仲間たちと共に課題を見いだして取り組んでいくことは、
その後の子どもたちの人生において、
かけがえのない「大きな心づくりの土台」となるのことでしょう。

立ち合いアタッカーズ元総監督
山野辺 善一


◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

☆第1章 基本のパス

☆第2章 レシーブ

☆第3章 トス

☆第4章 スパイク

☆第5章 サーブ

☆第6章 ブロック

☆第7章 コンビバレー


※ 本書は2011 年発行の
『もっと活躍できる! 小学生のためのバレーボールがうまくなる本』
の装丁を変更し、新たに発行したものです。
著者略歴
山野辺 善一(ヤマノベゼンイチ yamanobezenichi)
東京都立会アタッカーズ バレーボールクラブ 元総監督・女子監督 中学時代、東京都大会をはじめ、優勝多数。 東亜学園高等学校時代、春の高校バレー全国準優勝。 1991年に、東京都品川区を拠点にする立会アタッカーズの指導者として迎えられる。 指導者の強制ではなく、子どもの自主性を尊重した 創造性豊かなバレーボールの指導を目指している。 2007年には、サントリーカップ第27回全日本バレーボール小学生大会全国大会において、 全国制覇を成しとげ、立会アタッカーズを全国ナンバー1の小学生チームへと導いている。 元東京都バレーボール協会強化委員。 元東京都小学生バレーボール連盟指導普及副委員長。
タイトルヨミ
カナ:モットカツヤクデキルショウガクセイノバレーボールガウマクナルホンシンソウバン
ローマ字:mottokatsuyakudekirushougakuseinobareeboorugaumakunaruhonshinsouban

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
鳥影社:山上一 
集英社:深緑野分 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。