近刊検索 デルタ

2022年6月6日発売

本の泉社

出版社名ヨミ:ホンノイズミシャ

言葉のおもちゃ箱 伊奈かっぺい綴り方教室

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
著者は青森を拠点に活動するマルチタレントであり、言葉遊びの達人。コロナ禍の2年間、著者はいよいよその技に磨きをかけた。「行くな来るな動くなジッとしていろ。そんな毎日だからこその閉じこもりから生まれた笑える思いつきの数々」(「まえがき」より)。ア、なるほどと膝を打ち、思わずニンマリする話が満載。好評連載「言葉の贅肉」(産経新聞東北版)「都合のよい思い出」(みんよう春秋)を中核に、自作小冊子の短文を交えて構成した。著者制作のイラスト多数。笑いをともないつつ、日本語ってこんなにおもしろいのかと思わされること、うけあい。

〈帯文〉
「たまらんなあー気分も貯金も」コロナ禍の鬱屈さえ言葉の達人の手にかかると笑いを誘う。著者いわく「行くな来るなジッとしていろ。そんな毎日だからこその閉じこもりから生まれた笑える思いつきの数々」。哄笑、苦笑、微笑…… さまざまな笑いをともないつつ、日本語って、こんなにおもしろのかと思わされること、請け合い。
目次
まえがきがわりのお誘い ―― 私の思いつきと遊びませんか
Ⅰ それでは 「二階から目薬、地下室から座薬」
Ⅱ いよいよ 「遊ぼ あそぼうよ」
Ⅲ どんどん 「雨に濡れ 青空行きのバスを待つ」
Ⅳ またまた 「赤鬼が泣いているので来年の話を」
Ⅴ のりのり 「カツシカ ア ホクサイ」
Ⅵ かくして 「日常茶飯事に酒も加えたい」
課外授業 ―― 都合のよい思い出
物書き擬きのあとがき ―― お楽しみいただけましたか
著者略歴
伊奈かっぺい(イナカッペイ inakappei)
伊奈かっぺい=1947年青森県弘前市生まれ。方言詩、作詞、エッセイ、イラストなど手がける分野は幅広く、ラジオやトーク・ライブでは軽妙な話術を展開する。著書に『消ゴムで書いた落書き』『旅の空 うわの空』『あれもうふふ これもうふふ』『言葉の贅肉 今日も超饒舌(よげしゃべり)』など。
タイトルヨミ
カナ:コトバノオモチャバコ イナカッペイツヅリカタキョウシツ
ローマ字:kotobanoomochabako inakappeitsuzurikatakyoushitsu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

伊奈かっぺい 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:山岸伸 歩りえこ 
一般社団法人高等教育開発研究所:出光直樹 宮本俊一 河村振一郎 
SBクリエイティブ:成田悠輔 
大誠社:嶋伏ろう 梅澤夏子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。