近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆第七句集
次の生は月の兎にならめやも

子供の頃、月には兎がいて満月の夜になると餅をついている、と教えられた。満月を見るとたしかに黒い影があり、餅をついているように見えた。その月に住みたいというのが、私の夢であり、ロマンである。
(著者)

◆自選十五句より
初日出づ天の岩戸を押し上げて
土手焼く火己れ蝕みつつ進む
並び落つ春の谺の夫婦滝
一日生き一日老いて枇杷すする
引く鳥に未練の羽音ありにけり
涸滝の一縷の水のあきらかに
覗き込む顔押し上げて泉湧く
目に見えぬものを映して水澄めり
満開の風の牡丹となりにけり
木の実独楽影も回りてゐたりけり
目次
平成二十一年   5
平成二十二年   39
平成二十三年   77
平成二十四年   109
平成二十五年   145
平成二十六年   175

あとがき   205
著者略歴
高橋悦男()
昭和九年七月九日、静岡県下田市生まれ。同四十七年、「蘭」入会、野澤節子に師事。 同四十九年、「蘭」同人。同五十六年、第一句集『天城』にて蘭同人賞受賞。同五十八年、「海」創刊主宰。 現在、俳人協会評議員、日本文藝家協会会員、「海」主宰。 句集『天城』『朱夏』『実朝の海』『海光』『春の山』『摩訶』 著書『恋の句・愛の句』『現代俳句セミナー』『自解百句選・高橋悦男』『俳句事典・鑑賞』『鑑賞秀句百句選・西東三鬼』『鳥・獣』『現代俳句の肖像』『ベレンの塔』『秀句鑑賞十二ヶ月』『俳句月別歳時記』『海の俳句歳時記』『俳句カタカナ語辞典』

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。