近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆第三句集

歯朶刈るやこほりの雫うち払ひ

「凡海」は私の住んでいる舞鶴の海、ひいては若狭の海の古名です。「凡」には風のようにすべてにゆきわたるの意味があります。
また私の名〈うみを〉とも重なり、広やかな心で俳句に向き合いたいと思い句集名としました。
(著者)

◆自選十五句より
鮎苗に雪の匂ひのかすかなる
干し若布にぎり砕きて飯のうへ
三鬼忌の草餅めうにねばりつく
呑まれゆく蛙や脚を真つ直ぐに
青蘆をゆさぶり来る投網打
蛍見のなまぬるき顔ひと撫です
祭来と鯖の頭を刎ねにけり
くちなはの水のごとくに岩すべる
地蔵会の抱き回さるる赤子かな
満月へぬた場の猪の泥しぶき
著者略歴
南うみを( )
タイトルヨミ
カナ:
ローマ字:

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ふらんす堂の既刊から
藤島秀憲/著
石井那由太/著
木村裕一/著
福島吉美/著
吉田悦子/著
本日のピックアップ
大蔵財務協会:一般財団法人大蔵財務協会 
明日香出版社:時吉秀弥 
技術評論社:MagnusLieHetland(著) 辻真吾(監訳) 塩井宏亮(訳) 
明日香出版社:山口拓朗 
コロナ社:日本生体医工学会 平田雅之 齋藤充弘 紀ノ岡正博 和田成生 ほか

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。