近刊検索 デルタ

6月18日発売予定

ふらんす堂

月日星

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆第五句集
小さな自我(エゴ)の個人的な消息ではなく大きな意識・「いのち」の宇宙的な消息に、片鱗でもふれたいと思う。
「月日星(つきひほし)」と宇宙へ呼びかけ歌うのは三光鳥。それにあやかり、句集の題名を「月日星」とした。
(著者)

◆自選十二句
筍が生るる老爺の足の裏
抱き上げし子犬の鼓動木の芽風
蝉の穴いつやら閉ぢて花の塵
泰山木の花の段段青雲へ
薫風の丘や線量計うごく
潮の青差しくるごとく七変化
ががんぼが墜ちるテレビと壁の間)
雨音と虫の音またも入れ替る
離散して名のみ山河に銀河濃し
車椅子の妻の目線で年送る
冬桜と同じ日ざしの中に居り
鴨百羽一夜に去りぬ一羽置き
著者略歴
星野恒彦(ホシノツネヒコ hoshinotsunehiko)
タイトルヨミ
カナ:ツキヒホシ
ローマ字:tsukihihoshi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ふらんす堂の既刊から
能村研三/著
松本余一/著
木暮陶句郎/著
藤原龍一郎/著
清水右子/著
真野紀子/著
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。