近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆第四句集
春の星この世限りの名を告ぐる
「うつろひゆくもの」のひとつとして、季語に捧げる俳句を詠み続けたい。
(著者)

◆自選十五句
炎天や何求ぎて波つぎつぎに
ひるがほや死はただ真白な未来
造り滝みづべらべらと落としをり
月光に山征きにけり新豆腐
星なべて自壊のひかりきりぎりす
本ひらくやうに冬青空仰ぐ
野に山に枯みなぎりて醇乎たり
息の根のごとき海鼠を掴み出す
寒晴や高さ貪るビルの群
鮟鱇の恵比寿笑ぞ畏ろしき
春浅し川総身の鱗波
ひろびろと波打つ布のやうに春
一山の絶唱の花吹雪かな
桜散るいつもわれらを置去りに
春の星この世限りの名を告ぐる
著者略歴
奥坂まや(オクザカマヤ okuzakamaya)
タイトルヨミ
カナ:ウツロウ
ローマ字:utsurou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ふらんす堂の既刊から
日髙まりも/著
菅美緒/著
大槻泰介/著
一色正次/著
福井隆子/著
後藤雅文/著
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
鳥影社:山上一 
集英社:深緑野分 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。