近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆第三句集
かいつぶり眼くもれば潜りけり

老いが他人事であった頃には、見えなかったもの聞こえなかったことなど、自然や人事の襞が少しでも捉えられていればと念じて、集名としました。
(著者)

◆自選十二句
春の雪この世のものに触るるまで
かいつぶり眼くもれば潜りけり
ぼつてりと高野豆腐や春まつり
ゆふぐれの顔してあふぐ桐の花
十二月八日の空が井戸の底
歌かるた光源氏の札のなき
雲流れやまず桜の散りやまず
父の日や船にバラストあることも
ゆく夏や林に入れば風が見え
秋嶺の石鎚いまも波郷待つ
ものがたりひもとくやうに林檎むく
ともし火は人に寄り添ひ去年今年
著者略歴
櫨木優子(ハゼキユウコ hazekiyuuko)
タイトルヨミ
カナ:ワスレミズ
ローマ字:wasuremizu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ふらんす堂の既刊から
有住洋子/著
鈴木美喜子/著
加藤洋一/著
櫨木優子/著
最光蝕/著

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。