近刊検索 デルタ

2021年8月22日発売

ふらんす堂

それでいい

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆第一句集
湯豆腐やゐるだけでいいそれでいい

喜代子さんと夫との心の通い合いを通して、私たちに改めて生きていることの意味を考えさせてくれる。普段は他愛ないことで諍ったり反目したりするが、亡くなってはじめて生きて側に居てくれる有難さが解る。まさに「ゐるだけでいいそれでいい」のだ。
序・村上喜代子


◆自選十二句
いには野の土となるべく耕しぬ
春泥の乾きし犬の乳房かな
茄子漬を仏頂面の前へ置く
空蝉に産みの気魄の残りけり
土塊の芯まで乾く暑さかな
アルプスの石の詰まりし登山靴
夏旺ん神田明神きんきらきん
白帝や山階鳥類研究所
秋暁の旅立ち告げず逝きにけり
人参の嫌ひな人と共白髪
一陽来復天地を返す釜の飯
湯豆腐やゐるだけでいいそれでいい
著者略歴
竹下喜代子(タケシタキヨコ takeshitakiyoko)
タイトルヨミ
カナ:ソレデイイ
ローマ字:soredeii

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ふらんす堂の既刊から
松林尚志/著
金田志津枝/著
田中清司/著 田中清司/著
河内文雄/著
もうすぐ発売(1週間以内)
中央公論新社:中村圭志 
アリス館:やまぐちりりこ 土屋富士夫 
ニュートンプレス:マイケル・シュレージ 椿美智子 杉山千枝 山上裕子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。