近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆第七句集
私は個人的に俳句は志と思と詩の三位一体のものであると思う。なにやら語呂合せのように聞こえるかもしれないが、大切な考え方である。〈志〉は〈志操〉でひとたび決心したら守って変えない志(こころざし)のことだ。俳句はささやかなものなので世間の紆余曲折でどうにでもころがってゆくものである。そこのところをひたすら一直線に進む志が大切なのである。
(著者)

◆自選十句
飛び跳ねて御手玉ほどの初雀
陽炎が持ち上げてゐる力石
常楽会動物園に人の列
苗代にみどりの針の無限かな
藤房が雨の百粒吊るしをり
白牡丹誕生も死も白衣にて
青梅雨の水族館の静寂かな
梅雨蝶や錆びて動かぬ蝶番
空蝉といふアリバイを残しけり
風鈴に月よりの風届きけり
著者略歴
大関靖博(オオゼキヤスヒロ oozekiyasuhiro)
タイトルヨミ
カナ:ダイソウ
ローマ字:daisou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ふらんす堂の既刊から
日髙まりも/著
福井隆子/著
後藤雅文/著
金田志津枝/著
川野里子/著
竹下喜代子/著
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
講談社:EVILLINERECORDS 相羽紀行 百瀬祐一郎 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
さ・え・ら書房:黒川裕子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。