近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆第一句集
夜の秋舞台いきなり海の音

ほの暗い舞台に夜の秋の気配を感じたその時、いきなり海の音が流れて芝居が始まった。現実と虚構の境目が消えて日常の時間から引き離される。まだ誰もいない舞台に自分が立っているような錯覚に陥る。   私たちが生きていく中で、日常の時間から引き離される「その時」はいくらでもある。すぐに忘れてしまう「その時」を書き留めるところから俳句は始まる。
序より・小川軽舟


◆自選十句
未来とはまだ間に合ふ日男郎花
青春は幾度も来い木の実独楽
落葉焚若返ること夢に見ず
白菊のまはり明るく暮れにけり
猫のゐる空間バレンタインデー
われを待つわが家明るし天の川
流星や刹那の言葉信じ合ふ
水仙や父を励ますこと淋し
夜の秋舞台いきなり海の音
虫の秋枕を胸に日記書く
著者略歴
日髙まりも(ヒダカマリモ hidakamarimo)
タイトルヨミ
カナ:ハナノニワ
ローマ字:hananoniwa

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ふらんす堂の既刊から
松林尚志/著
田中清司/著 田中清司/著
金田志津枝/著
大久保喬樹/著
もうすぐ発売(1週間以内)
近刊:ランダム

>> もっと見る

新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。