近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆第一句集
威銃遠くにひとつまた鳴れり

正次さんの心に宿る「ふるさと」をいつでも身近に感じていられる幸せを持
ち続け、今後も生涯に渡り、北信の折々の四季を丁寧に詠んでいって貰いたい。
(序・染谷秀雄)

◆自選十二句
仄暗き味噌屋の奥の雛飾
棒切れで突ついて帰る蝌蚪の水
一枚の月光に浮く蛇の衣
空蝉のまだ濡れてゐる胡桃の木
日向水母に遣ひて余りけり
盆提灯たためば広き古座敷
蜂の巣の転がつてゐる野分晴
遠くより空の鳴りくる威銃
村芝居人影うごく楽屋の灯
満天の星置き去りに山眠る
雪折れの松曳きし跡荒々し
父祖の地に佇ちて一礼初茜
著者略歴
一色正次(イッシキショウジ isshikishouji)
タイトルヨミ
カナ:ヒナタミズ
ローマ字:hinatamizu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ふらんす堂の既刊から
松林尚志/著
田中清司/著 田中清司/著
金田志津枝/著
大久保喬樹/著
もうすぐ発売(1週間以内)
近刊:ランダム

>> もっと見る

新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。