近刊検索 デルタ

5月12日発売予定

イースト・プレス

あらすじとイラストでわかる君主論

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
理想的な国家とはどうあるべきか?

ビジネスや人間関係にも応用できる500年ものあいだ読み継がれた
リーダーのための実用書!

・問題にはいつ対処すべきか?
・「よい悪事」と「悪い悪事」とは?
・安全と名声が欲しいならどうするべきか?
・不測の事態に備えてやるべきこととは? 
・君主は悪徳も身につける必要がある?
・リーダーには見せかけが大事?
・リーダーに求められる立ち位置とは? 
・有能な部下の選び方とは?
・運命を乗りこなす方法とは?
・国を救う人物に求められる能力とは? 
目次
part1 『君主論』を読む前に
 『君主論』にはなにが書かれているのか 
 『君主論』はどのような構成になっている? 
 『君主論』はどう読まれている? 
 マキャヴェリの人生① 生誕と外交官での活躍 
 マキャヴェリの人生② 投獄と『君主論』執筆 
 イタリアの歴史とフィレンツェの興亡 
 『君主論』に登場する人物の相関図 
 『君主論』に登場する君主たち

part2 『君主論』を読み解く!
 第1章 君主制の種類 
 第2章 世襲の君主制について 
 第3章 複合的な君主制について 
 第4章 アレクサンドロス大王の死後、ペルシャで反乱が起こらなかった理由
 第5章 民主的な国を支配する方法 
 第6章 自力で新たな君主国をつくる
 第7章 他人の力で君主となった場合
 第8章 悪事によって君主になった者 
 第9章 人々に選ばれた君主
 第10章 君主制の強さをはかる方法
 第11章 聖職者が君主の場合
 第12章 軍隊の種類と傭兵
 第13章 借りた軍、混成軍、自国軍
 第14章 軍隊のために君主はなにをすべきか 
 第15章 人間、とくに君主の高評価と悪評について
 第16章 気前のよさとケチについて 
 第17章 恐れられるよりも慕われるほうがよいか
 第18章 どのようにして君主は信義を守るべきか
 第19章 どのように軽蔑と憎悪を逃れるべきか
 第20 章  城砦などの備えは役に立つのか
 第21章 尊敬され名声を得るために君主はなにをなすべきか
 第22章 君主が身近に置くべき部下について
 第23章 いかにしてご機嫌取りを逃れるか
 第24章 イタリアの君主たちはなぜ政権を失ったか
 第25章 運命は人に対してどれほどの力をもつか、また、いかに運命に逆らうか
 第26章 イタリアを防衛し外敵から解放せよ
著者略歴
知的発見!探検隊(チテキハッケンタンケンタイ chitekihakkentankentai)
タイトルヨミ
カナ:アラスジトイラストデワカルクンシュロン
ローマ字:arasujitoirasutodewakarukunshuron

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

イースト・プレスの既刊から
山野辺りり、八巻にのは、葉月エリカ、藤波ちなこ/著 Ciel/イラスト
高見奈緒/著
うかうか/著
かみゆ歴史編集部/著
もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:赤福大和 さばみぞれ 
成美堂出版:マカベアリス 
双葉社:朝倉宏景 
風媒社:東谷護 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。