近刊検索 デルタ

2022年10月13日発売

イースト・プレス

出版社名ヨミ:イーストプレス

70歳からの価齢なる人生の楽しみ方

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
■まえがき
■「価齢」とは
■魔法の「快適生活術」
●一歩先の行動が翌日を快適にする(ワン・アヘッド・システム)●大事なものをうっかり捨てないコツ(ワン・ビハインド・システム)
●万一のために予備を持つ(バックアップ)●日記を書けば、「忘れるストレス」から解放される
●テクノロジーは「最低限、使えるもの」だけでいい

■鷹揚なる「コミュニケーション術」
●横柄な態度は敵をつくる●「当たり前」と思うことでも丁寧に伝える●無駄な争いは避ける
●「偉いのに謙虚」がかっこいい●思い切って義理を欠いてみる(トリミング)

■華麗なる「身だしなみ術」
●加齢臭はコロンでケアする●新しい靴を置いておく●趣味が「色気」になる

■壮健なる「健康術」
●「健康日誌」で体調をコントロール●信頼できる「かかりつけ医」を持つ●酒とほどほどに付き合うコツ
●手を動かして認知症予防●マジシャンの記憶術

■賢明なる「お金術」
●お金は「自分磨き」に使う●「セコい人」と思われないようにする●「内面のセレブ」を目指す●詐欺師が使う「ミスディレクション」
●騙される理由は「欲望」と「快感」

■安寧なる「メンタル術」
●SNS・ブログとは適度に付き合う●「思い出の品」が心を潤す●失敗したって命までは取られない
●寝る前に瞑想でリラックスする●「人生は面倒なことの連続」と心得る●手紙をしたためて自分を見つめ直す
●「天がした」と思えば腹立たない

■価齢なる人生の楽しみ方
●家族や友人の存在を「当たり前」と思わない●「うまくいっている人」と一緒に過ごす●「5年計画」で日常を輝かせる
●夢ではなく「目標」を立てる●人生はY字路の連続●「タイムスリップしたつもり」で生きる

■あとがき:価齢なるマジシャンの〆のご挨拶
目次
■まえがき
■「価齢」とは
■魔法の「快適生活術」
●一歩先の行動が翌日を快適にする(ワン・アヘッド・システム)●大事なものをうっかり捨てないコツ(ワン・ビハインド・システム)
●万一のために予備を持つ(バックアップ)●日記を書けば、「忘れるストレス」から解放される
●テクノロジーは「最低限、使えるもの」だけでいい

■鷹揚なる「コミュニケーション術」
●横柄な態度は敵をつくる●「当たり前」と思うことでも丁寧に伝える●無駄な争いは避ける
●「偉いのに謙虚」がかっこいい●思い切って義理を欠いてみる(トリミング)

■華麗なる「身だしなみ術」
●加齢臭はコロンでケアする●新しい靴を置いておく●趣味が「色気」になる

■壮健なる「健康術」
●「健康日誌」で体調をコントロール●信頼できる「かかりつけ医」を持つ●酒とほどほどに付き合うコツ
●手を動かして認知症予防●マジシャンの記憶術

■賢明なる「お金術」
●お金は「自分磨き」に使う●「セコい人」と思われないようにする●「内面のセレブ」を目指す●詐欺師が使う「ミスディレクション」
●騙される理由は「欲望」と「快感」

■安寧なる「メンタル術」
●SNS・ブログとは適度に付き合う●「思い出の品」が心を潤す●失敗したって命までは取られない
●寝る前に瞑想でリラックスする●「人生は面倒なことの連続」と心得る●手紙をしたためて自分を見つめ直す
●「天がした」と思えば腹立たない

■価齢なる人生の楽しみ方
●家族や友人の存在を「当たり前」と思わない●「うまくいっている人」と一緒に過ごす●「5年計画」で日常を輝かせる
●夢ではなく「目標」を立てる●人生はY字路の連続●「タイムスリップしたつもり」で生きる

■あとがき:価齢なるマジシャンの〆のご挨拶
著者略歴
ボナ植木(ボナウエキ bonaueki)
ボナ植木(ナポレオンズ) 1952年。東京生まれ。専修大学マジック・サークル出身。 コメディマジシャン・ナポレオンズのマジック担当。 1977年、大学の同級生パルト小石とコンビを組みプロデビュー。 日本各地はもとよりヨーロッパ、アメリカ、カナダ、アフリカ、中国などでも公演。各国のテレビにも多く出演。 1988年オランダ・ハーグでのマジックのオリンピックといわれている国際大会で第三位。 第五回花王名人大賞新人賞受賞。 浅草演芸大賞奨励賞。 文化庁芸術祭演芸部門優秀賞受賞。 第15回東京スポーツエンタメ芸能特別賞 など受賞歴も豊富。 また日本テレビの長寿番組『笑点』演芸コーナーの代表格でもある。 2021年秋、相方を病気で亡くし、 70歳にして新人のピン芸人マジシャンとなる。
タイトルヨミ
カナ:ナナジュッサイカラノカレイナルジンセイノタノシミカタ
ローマ字:nanajussaikaranokareinarujinseinotanoshimikata

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
シネシネナンデダ日記
本物の狂気はあんまり格好よくないです(著者)

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
論創社:岡崎広樹 
以文社:デヴィッド・グレーバー 藤倉達郎 
原書房:高尾栄司 
palmbooks:赤染晶子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。