近刊検索 デルタ

2021年4月30日発売

社会評論社

重度障害者が国会の扉をひらく!

木村英子・舩後靖彦の議会参加をめぐって
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
コロナ禍に向き合いながら社会学部で学ぶ学生が、本書の原本になった卒業論文を書き上げた。


インタビューや聞き取りによって、排除され「命の選別」の対象にもされかねない障害者の議会参加への〈障害〉が抉りだされ、それを克服するための足がかりが政治学・社会学・障害学の理論によって提示されている。

◉障害者国会議員の生きざまを政治の光に!
重症心身障害児施設・びわこ学園創設者の糸賀一雄は、「この子らに世の光を」ではなく「この子らを世の光に!」という言葉を残したが、大きな変革を人びとの意識と制度に迫る重度国会議員の存在が、混迷する日本の政治の光となるべきことを本書は伝えている。堀 利和(視覚障害者、元参議院議員)
目次
*目 次
序 章 障害は政治的なこと――社会モデルと当事者参画
第1章 れいわ新選組と19年参院選――重度障害者議員の誕生
第2章 木村英子・舩後靖彦議員の活動――障害者議員と代表性
第3章 三井絹子の「闘い」――もう一つの政治過程
第4章 重度障害と議員活動――木村英子参議院議員インタビュー
第5章 議会参加と障害社会科学――堀利和元参議院議員インタビュー
第6章 『生きざま政治のネットワーク――障害者と議会参加』を読んで
終 章 議会参加の〈障害〉――理論的考察の試み
著者略歴
上保晃平(ウワボコウヘイ uwabokouhei)
1998年、広島県生まれ。2021年3月、一橋大学社会学部(政治学専攻)卒業。同年4月から朝日新聞記者。
堀 利和(ホリトシカズ horitoshikazu)
視覚障害者、元参議院議員。立教大学兼任講師。季刊『福祉労働』編集長。著書『障害社会科学の視座―障害者と健常者が共に、類としての人間存在へ―』ほか多数。
タイトルヨミ
カナ:ジュウドショウガイシャガコッカイノトビラヲヒラク
ローマ字:juudoshougaishagakokkainotobiraohiraku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

社会評論社の既刊から
新村聡/編集 田上孝一/編集
佐々木由惠/著 栗原好美/著 神山資将/著 一般社団法人知識環境研究会/編集
瀬戸大作/著 平山昇/編集 土田修/編集
井上康/著 崎山政毅/著

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。