近刊検索 デルタ

10月31日発売予定

裳華房

データサイエンスの基礎 Rによる統計学独習

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本書は、統計科学を専門とする著者が、大学で学ぶ統計学の基礎をRを使いながら独習することを目的に執筆したものである。
 全体を「第I部 R自体を学ぶ部分」「第II部 統計学の基礎を学ぶ部分」「第III部 実際にRを使ってデータ解析と統計的推測について学ぶ部分」の三部構成にすることで、学習者の「習得レベル」や「目的別」にRに関する事項を学べるようにした。
 特に第III部では、統計的推測の3本柱である「推定」「検定」「回帰」について、実際にRを利用しながら体系的に学べるようになっている。「探索的データ解析」と今後ますます重要性が増すと考えられている「データの可視化」の観点も取り入れた本書で、ぜひ学んでいただきたい。
目次
第I部 データ解析環境R
 1.R入門
 2.Rの基礎知識
 3.Rへのデータの読み込み
 4.グラフィック環境
 5.Rにおける関数の定義

第II部 Rによる統計学の基礎
 6.確率変数と確率分布
 7.多変量確率変数と多変量確率分布
 8.母集団分布と標本分布

第III部 Rによるデータ解析と統計的推測
 9.データの要約と可視化
 10.推定
 11.検定
 12.2標本問題
 13.回帰分析
著者略歴
地道 正行(ジミチマサユキ)
関西学院大学教授、博士(学術)。神戸商科大学商経学部卒業、大阪大学大学院基礎工学研究科修士課程修了。大阪大学助手、関西学院講師・助教授等を経て現職。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

週刊コミタン! 2018/10/21号


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。