近刊検索 デルタ

2020年10月26日発売

青弓社

苦学と立身と図書館

パブリック・ライブラリーと近代日本
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
明治初期の唯一の無料公開図書館・東京書籍館の設置と展開をたどり、音読の禁止を背景に弁護士・医師・教員の資格試験の勉強空間として図書館を使う若者が増えた歴史を掘り起こす。さらに、独学と立身出世の関係を読み解き、学歴社会への階層移行も描出する。
目次
序 章 “public library”と日本の図書館
 1 日本の「公共図書館」は“public library”か
 2 問題の所在
 3 先行研究の検討と本書の意義
 4 本書の構成

第1章 日本的図書館観の原型
 1 福岡藩の庶民文庫の発展
 2 近代図書館としての福岡図書館の成立

第2章 パブリック・ライブラリーを日本に
 1 日本初のパブリック・ライブラリー東京書籍館の誕生とそのゆくえ
 2 田中不二麿の図書館観の特徴とその起源

第3章 東京遊学と図書館の発見
 1 上京遊学と図書館
 2 職業資格試験による学習需要の発生
 3 職業資格試験受験者による図書館利用
 4 図書館政策の変化と利用の変化
 5 上京遊学者による図書館の発見

第4章 読書装置としての貸本屋と図書館
 1 新式貸本屋の出現
 2 新式貸本屋の特徴
 3 新式貸本屋の利用状況
 4 貸本屋と図書館の共存
 5 図書館での音読禁止

第5章 苦学と立身と図書館
 1 雑誌「成功」と図書館
 2 「成功」の成功思想
 3 学歴獲得競争への参入
 4 苦学の変化と「図書館勉強」の成立
 5 地方改良運動の影響
 6 独学の変化と図書館

第6章 勉強空間としての図書館の成立
 1 「遊学」から「受験」へ
 2 閲覧室という勉強空間の誕生

おわりに――なぜ日本の図書館は学生が多く利用するようになったのか
著者略歴
伊東 達也(イトウ タツヤ itou tatsuya)
1965年、福岡県生まれ。九州大学大学院人間環境学府教育システム専攻博士課程単位取得退学。博士(教育学)。山口大学人文学部講師。専攻は図書館学、日本教育史。共著に『読書と図書館』(青弓社)、論文に「明治期の「苦学」の変化の図書館論への影響――雑誌『成功』を中心として」(「図書館文化史研究」第32号)、「学制施行期の書籍館政策について――“free public library”としての東京書籍館の成立をめぐって」(「日本図書館情報学会誌」第59巻第4号)など。
タイトルヨミ
カナ:クガクトリッシントトショカン
ローマ字:kugakutorisshintotoshokan

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
大蔵財務協会:一般財団法人大蔵財務協会 
シーエムシー出版:杉山成 
大蔵財務協会:樫田明 増尾裕之 
明日香出版社:時吉秀弥 
シーエムシー出版:福住俊一 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。