近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ひいきのプロ野球チームを熱烈に応援して勝敗に一喜一憂し、アイドルを追っかけてオタクの生活に浸る。応援団のリードに手拍子を合わせる。応援団としてファンを統制する。

他者を激励して成功を自分のものとし、失敗を自分の責任のように背負い込む応援するという行為を、どういう心性が支えていて、生活にどのように位置付けているのだろうか。大学応援団の実態や、スポーツと芸能の現場――特にプロ野球の私設応援団と、親衛隊からヲタ芸まで――をフィールドワークに基づいて分析し、選手・演じ手と観客との関係を考察する。

大学応援団の歴史や因習に縛られた上下関係、「男の世界」に女性が入り込んで生じるジェンダー問題、伝統校の新入生へのイニシエーション行為、それらが時代とともに変貌するさまを解明する。

また、プロ野球の私設応援団が引き起こした事件と無秩序の実態、その後の統制と管理、トライアスロンなどの参加型スポーツイベントの地域住民と参加者の交流、さらには伝統芸能とアイドルに熱狂する忘我現象とは何か、にも迫る。

応援文化を多角的に描くことで、「他者によって自分の存在を確認する応援という行為」を照らし出す。

目次
 序 章 野次、喝采そして応援(丹羽典生)
 第1章 共感と感情的昂揚からみる応援・支援(風間計博)
第1部 応援する組織――大学応援団を中心に
 第2章 日本の大学応援団の原型(丹羽典生)
 第3章 日本の大学応援団での女性応援部門の創設と展開(吉田佳世)
 第4章 大学応援団における吹奏楽(戸田直夫)
 第5章 伝統校という歴史空間を構築する応援団(瀬戸邦弘)
 第6章 時代を映す鏡としての応援団(小河久志)
第2部 応援する人/される人の関係――スポーツと芸能の場から
 第7章 集合的応援における統制と管理 (高橋豪仁)
 第8章 バンクーバー暴動とは何だったのか (立川陽仁)
 第9章 応援に表象される参加型スポーツイベントの定着化 (山田亨)
 第10章 演じる見物の諸相 (笹原亮二)
 第11章 アイドルを声援することの系譜学(難波功士)
著者略歴
丹羽 典生(ニワ ノリオ niwa norio)
国立民族学博物館准教授。専攻は社会人類学・オセアニア地域研究。著書に『脱伝統としての開発』(明石書店)、共著に『〈紛争〉の比較民族誌』(春風社)、論文に「日本における応援組織の発展と現状」(「国立民族学博物館研究報告」第43巻第2号)など。
タイトルヨミ
カナ:オウエンノジンルイガク
ローマ字:ouennojinruigaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

青弓社の既刊から
伊東達也/著
相澤真一/著 髙橋かおり/著 坂本光太/著 輪湖里奈/著
嶋﨑尚子/著 新藤慶/著 木村至聖/著 笠原良太/著 畑山直子/著
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:十条アラタ 
PHP研究所:田牧大和 
彩文館出版:鈴木ゴータ 
大修館書店:北原保雄 
アクセスランキング:日次TOP5

ランキングの元になるデータの取得方法の変更のため、しばらくお休みいたします。


連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。