近刊検索 デルタ

6月25日発売予定

青弓社

ジャーナリストの仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
スマートフォンやSNSの普及で情報過多時代に突入し、メディアを取り巻く環境は激変した。フェイクニュースやフィルターバブルといった新たな問題が山積するなか、社会に伝えるべき情報と見解を的確に流し、情報の受け手に思考を促すジャーナリストという仕事が担う役割は大きい。本書では、安倍政権の「桜を見る会」問題などを追及した「毎日新聞」の現役記者が、豊富な経験からジャーナリストの仕事内容と心構えを解説する。

地方支局で警察署回りをした新人時代から、警視庁の記者クラブに所属して他社と特ダネ競争を繰り広げた社会部時代、兜町で証券会社や銀行を取材した経済部時代、長野支局で体験した松本サリン事件の顛末、海外赴任、そしてデジタル時代に求められる新しいジャーナリスト像まで、著者のジャーナリスト人生をなぞりながら豊富なエピソードとともに解説する。

「政権の監視役」であるジャーナリストとして第一線で活躍する著者が、新人時代の苦労から「桜を見る会」問題の取材過程まで現場の実情を余すところなく語る、志望者は必読の入門書。

目次
はじめに
第1章 ジャーナリストという仕事
第2章 なぜジャーナリストになったのか
第3章 松本サリン事件
第4章 事件記者として
第5章 経済取材
第6章 アメリカで
第7章 これからのジャーナリズム
コラム 「Q&A」
おわりに
著者略歴
齊藤 信宏(サイトウ ノブヒロ saitou nobuhiro)
毎日新聞社編集編成局次長兼写真・映像報道センター長兼「毎日新聞デジタル」編集長。1991年に入社し、社会部、経済部、外信部を経て2007年秋から4年間、アメリカ・ワシントンDCの北米総局特派員。17年、連載企画「チャイナ・センセーション」で第21回新聞労連ジャーナリズム大賞を受賞。経済部長、統合デジタル取材センター長を務めたのち20年4月から現職。
タイトルヨミ
カナ:ジャーナリストノシゴト
ローマ字:jaanarisutonoshigoto

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

青弓社の既刊から
ダン・レヴィ/著 川瀬晃弘/監訳
みやのひろ/著
大串夏身/著
岩渕功一/編著
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:堂場瞬一 
幻冬舎:横田慎太郎 
東洋経済新報社:山脇秀樹 
光文社:有馬美季子 
青春出版社:清水建二 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。