近刊検索 デルタ

2022年3月14日発売

青弓社

出版社名ヨミ:セイキュウシャ

ケアと家族愛を問う

日本・中国・デンマークの国際比較
青弓社ライブラリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
女性労働力率が高いという共通点をもつ三カ国をインタビューやアンケートから分析して比較する。それらを通して、日本のケアネットワークと愛情規範の特徴を明らかにし、ケアと愛情が強く結び付いて性別役割分業を根強く残存させている実態を浮き彫りにする。
目次
はじめに 宮坂靖子

第1章 日本・中国・デンマークの若者のケア意識 磯部 香
 1 日本・中国・デンマーク三カ国の子育てと女性たち
 2 三カ国の介護システムについて考える――介護の社会化、そしてグローバル化へと舵を切る日本
 3 調査対象者と分析方法について
 4 三カ国の若者たちが描く結婚・子育て――三カ国大学生が希望する子どもの数

第2章 デンマークで子育てに関わるのは誰か――職業キャリアと親業のはざまで 青木加奈子
 1 デンマークの「二人稼ぎ手、二人ケアラー」を支える政策
 2 「二人稼ぎ手、二人ケアラー」意識の浸透と実態
 3 「二人稼ぎ手、二人ケアラー」の日常生活

第3章 育児は誰の責任なのか――中国都市家族の育児パターンの変化を手がかりに 鄭楊
 1 一九四九年以後の育児の変化
 2 育児パターンの変化と子ども中心主義の帰結
 3 国家政策からみた育児の責任
 4 インタビュー調査と分析

第4章 中国の高齢者は誰がケアするのか――大連市での調査を例に 李東輝
 1 中国高齢社会の特徴と高齢者世帯の形態の動向
 2 中国での高齢者福祉制度の整備と高齢者扶養方式の変容
 3 中国での都市部高齢者扶養の現状とサポートネットワーク
 4 中国都市部の高齢者サポートネットワークの特徴と今後の課題

第5章 ケアネットワークと子育てに対する感情の関係を問う 山根真理
 1 ケアネットワークと育児に関する意識の国際比較
 2 母親調査にみる育児援助ネットワーク
 3 育児のポジティブ/ネガティブな状態
 4 育児援助は育児のポジティブ/ネガティブな状態とどのような関係か

第6章 幸せな家族に「専業母」は必要か――愛情規範の再編成 宮坂靖子
 1 なぜ「専業母」なのか
 2 性別役割分業規範と専業母規範の国際比較
 3 育児の評価と実際――育児満足度と育児行動
 4 各地域の子育て
 5 幸せな家族に専業母は必要か

おわりに 宮坂靖子
著者略歴
宮坂 靖子(ミヤサカ ヤスコ miyasaka yasuko)
1960年、埼玉県生まれ。金城学院大学生活環境学部教授。専攻は家族社会学、ジェンダー論。著書に『避妊言説と家族の親密性』(書肆クラルテ)、共編著に『アジアの家族とジェンダー』(勁草書房)、共著に『新編日本のフェミニズム5 母性』(岩波書店)など。
タイトルヨミ
カナ:ケアトカゾクアイヲトウ
ローマ字:keatokazokuaiotou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

青弓社の既刊から
佐幸信介/著
星野映/編著 中嶋哲也/編著 磯直樹/編著
宮坂 靖子 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:山岸伸 歩りえこ 
一般社団法人高等教育開発研究所:出光直樹 宮本俊一 河村振一郎 
筑摩書房:アンドレイ・タルコフスキー 鴻英良 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。