近刊検索 デルタ

2020年8月27日発売

青弓社

近代日本のジャズセンセーション

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
いまでこそ大人の音楽として親しまれるジャズは、大正末期から戦前・戦中に若者を中心に一大センセーションを巻き起こした。その熱狂の理由は何だったのか。

外国人によるショーや音楽会、外国映画など様々な場で人々はジャズと出合い、軽快で特徴があるリズムのとりこになった。識者やマスメディアからは「低俗」と評価されたジャズだが、ダンスホール、レビュー、演芸などの大衆文化に溶け込み、さらにレコードやラジオなどのメディアを通じて自由でモダンな空気、新鮮な響きや刺激を人々に与え続けた。

そして、戦時下には戦局の悪化とともに自由主義の象徴として排撃の対象になったが、敗戦をへて、ロックミュージックの登場によってジャズは「大人の音楽」に位置づけられていった。

演奏者や歌い手、楽曲を中心に語られたこれまでのジャズ史からは距離を取り、「人々はどう受け入れたのか」「なぜ熱狂したのか」という視点からジャズ受容を問い直して、当時の人々にとってジャズがいかに魅力的な音楽だったかを照らし出す。
目次
序 章 日本人とジャズとの関係
 1 これまでの日本ジャズ史とその問題点
 2 現在と違う「ジャズ」
 3 本書の構成
 4 明治・大正期の音楽史――西洋音楽の受容と流行歌

第1章 アメリカからのジャズ流入
 1 外国人演芸一座、外国人の音楽会でのジャズ
 2 外国喜劇映画とジャズ

第2章 社交ダンスとジャズ
 1 社交ダンスの流行とジャズ
 2 ダンスミュージックとしてのジャズ
 3 ジャズはどう紹介されたか 

第3章 楽器からみるジャズ 
 1 ジャズ楽器の存在
 2 東京ジヤヅバンド

第4章 一九二〇年代の娯楽文化とジャズ
 1 映画のジャズ
 2 日本のショーとジャズ
 3 新聞・雑誌小説に見るジャズ
 4 ラジオとジャズ

第5章 ジャズの定着――モダンの象徴としてのジャズ
 1 落語でのジャズの利用
 2 建築・絵画・広告でのジャズの利用
 3 「モダン」の象徴――ジャズ

第6章 一九三〇年代の娯楽文化とジャズ
 1 一九三〇年代の音楽文化
 2 娯楽文化に展開されたジャズ
 3 一九三〇年代のラジオでのジャズ事情

第7章 戦時下のジャズ――スイングの隆盛
 1 一九三〇年代の映画とジャズ
 2 戦時下のレコード事情
 3 アトラクションでのジャズ
 4 ジャズを締め出すことはできたか
 5 ジャズから見える大衆思想

終 章 戦後の展開と日本のジャズ受容
 1 ジャズは誰が聴いていたのか――若者の音楽ジャズ
 2 なぜ若者の間でジャズが流行したか
 3 戦後の展開――ジャズのその後

あとがき
著者略歴
青木 学(アオキ マナブ aoki manabu)
1984年、埼玉県生まれ。2016年、日本大学大学院文学研究科日本史専攻博士後期課程修了。博士(文学)。現在、日本大学文理学部史学科助手。専攻は日本史、文化史、音楽史。論文に「学生新聞にみるジャズの認知について」(「研究紀要」第87号)、「大正期における「ジャズ」事情――なぜ低級と呼ばれたか」(「史叢」第91号)など。
タイトルヨミ
カナ:キンダイニホンノジャズセンセーション
ローマ字:kindainihonnojazusenseeshon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
シーエムシー出版:杉山成 
大蔵財務協会:樫田明 増尾裕之 
みすず書房:ロラン・バルト 三好郁朗 
コロナ社:電子情報通信学会 益一哉 天川修平 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。