近刊検索 デルタ

2020年8月20日発売

青弓社

面白いほどわかる!クラシック入門

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
クラシックの大作曲家の多くが書いている交響曲を聴いて、大作曲家の歩みを追えばクラシックの魅力と歴史はすぐにわかる。「ピアノ曲はよく聴くけど、交響曲なんて聴いたことないよ」と尻込みしないで、交響曲の世界を大枠で把握しておけば、協奏曲や室内楽作品、ピアノ曲や声楽・オペラ作品、そしてバロック、ルネサンスの音楽、はては現代音楽までを理解する基本をすべて押さえることができる。

「まずは交響曲! ナニがナンでも交響曲!」と言い切る著者は輸入CDを販売したり絶版の名盤を復刻したりするクラシック音楽業界の有名人。その指南役が、「聴いたことがなくても大丈夫。この本を読んで興味をもてば大丈夫。この本を読んで聴きたくなればいい。そして面白そうなものから聴いちゃえばいい」と、「肩の力を抜いて、気軽に楽しんで!」と解説していく。

自分の12歳からの経験を語りながら、これまでにはない切り口で、楽しく、面白く、クラシックの魅力に導く〈世界でいちばんやさしい、14歳から大人までの入門書〉。
目次
まえがき

第1章 交響曲の旅路 その1――誰もが知っている作曲家たち
 1 そもそもどうして交響曲?
 2 『運命』にたたきのめされる
 3 そして『未完成』から始まる
 4 苦難のブラームス
 5 200年後の日本の少年のことまで考えてくれていた『第9』
 6 音楽で世界が変わる、ドヴォルザークの『交響曲第8番』
 7 モーツァルト『ジュピター』、長い旅路の始まり
 8 バッハの交響曲?
 9 愛すべき交響曲2つ、シューマンとメンデルスゾーン
 10 命を懸けたような音楽『悲愴』
 11 宵闇のブラームス『交響曲第4番』
 12 人生を回顧する豊かで深い音楽、ドヴォルザーク『交響曲第9番「新世界より」』
 13 全編聴きどころ満載、チャイコフスキー『交響曲第5番』
 14 ハイドンはまだ?
 15 モーツァルトって、すごいです。なんというか、超越してるんです
 16 人類の歴史の変化を芸術化した作品『英雄』
 17 ベートーヴェン、残りの交響曲も一気に攻め込む
 18 そして『運命』

第2章 交響曲を書かなかった作曲家たち
 1 交響曲とは? そして交響曲を書かなかった作曲家
 2 まだ交響曲がなかった
 3 作ろうと思わなかった
 4 書きたくなかった
 5 時代遅れ

第3章 交響曲の旅路 その2――誰もが知っているわけではない作曲家たち
 1 独りよがりの変態的な復讐心と浅はかな狂気――ベルリオーズ
 2 世の中の苦しさを全部ひっくるめてドカーンと解き放つ一大花火――サン゠サーンス
 3 正座して襟を正して聴かなければいけない――フランク
 4 ちょっと寄り道――三大管弦楽曲
 5 全身で体感するしかない不可思議な世界――シベリウス
 6 衝撃的でトラウマ的――ショスタコーヴィチ
 7 過剰なまでのサービス精神――マーラー
 8 壮大なる純粋さ――ブルックナー

そうして

あとがき
著者略歴
松本 大輔(マツモト ダイスケ matsumoto daisuke)
1965年、愛媛県生まれ。WAVE、HMVのクラシックバイヤー、店長を経て独立。アリアCD店主として現在に至る。著書に『クラシック名盤復刻ガイド 』『どっこいクラシックは死なない!』『まだまだクラシックは死なない!』『やっぱりクラシックは死なない!』『このNAXOSを聴け!』(いずれも青弓社)など。
タイトルヨミ
カナ:オモシロイホドワカルクラシックニュウモン
ローマ字:omoshiroihodowakarukurashikkunyuumon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

青弓社の既刊から
ぼくらの非モテ研究会/編著
本日のピックアップ
シーエムシー出版:杉山成 
大蔵財務協会:樫田明 増尾裕之 
北大路書房:コーシン・ペイリー・エリソン マット・ワインガスト 小森康永 栗原幸江 ほか
みすず書房:ロラン・バルト 三好郁朗 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。