近刊検索 デルタ

2022年4月14日発売

青弓社

出版社名ヨミ:セイキュウシャ

旅行ライターになろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
旅の喜びを身をもって経験して、言葉で表現する旅行ライター。取材で全国各地を飛び回っては原稿を書く日々を送るエキサイティングな仕事の実際を解説する。街を歩き美しい風景や人に出会い、その魅力を伝えることを一生の仕事にしたい人のための入門書。
目次
はじめに

第1章 旅行ライターへの道
 1 一億総旅行ライターの時代がやってきた
 2 職業としての旅行ライターとは
 3 旅行ライターになる方法
 4 旅行ライターの位置付け
 5 フリーランスになるか、会社所属か
 6 旅行ライターとして活躍する人たち
 7 旅の原点は「聖地巡礼」と「湯治」

第2章 私はこうして旅行ライターになった
 1 銀行員から業界紙記者へ
 2 旅行作家の会との関わり
 3 転職から独立へ
 4 独立するときにやったこと
 5 法人化の心構え
 6 セルフブランディングの重要性
 7 ライターと編集者の違い
 8 毎年変わる仕事の中身

第3章 旅行ライターの仕事のリアル
 1 旅行ライターは旅に出るのが仕事?
 2 旅行ライターのある一週間
 3 旅行ライターの仕事術
 4 旅行ライターの仕事道具
 5 タダで旅ができるのが旅行ライターなのか?

第4章 旅行ライターの活躍の場
 1 どんな媒体があるのか
 2 旅行記事の種類
 3 昨今の旅行ライター事情
 4 経験し、自分の強みを生かす

第5章 旅行ライターはここがおもしろい
 1 人に喜んでもらってなんぼの商売
 2 観光業の裾野の広さ
 3 知らなかった日本を知る
 4 独自の切り口で原稿を書くには
 5 写真の醍醐味
 6 一期一会の出会いこそが宝物

第6章 文章力と運を味方につける
 1 文章力をつける
 2 ガイドブックや旅行誌に求められるもの
 3 ウェブ記事に求められるもの
 4 新聞記事に求められるもの
 5 営業活動は有効か
 6 タイミングよく自分に合う仕事がやってくる

第7章 時代の変化にどう対応するか
 1 雑誌が売れない時代
 2 ガイドブックや旅行誌はなくなるのか
 3 「行かずに書く」問題
 4 「著作権」「二次使用料」は死語になったのか?
 5 出版をめぐるトラブル
 6 旅行ライターの懐事情
 7 共感とあこがれ――旅行系インフルエンサーの躍進
 8 いまの時代の旅行ライターに必要なもの
 9 副業から複業の時代へ

第8章 ウィズコロナの時代の旅の仕事
 1 コロナは旅にどのような影響を及ぼしたか
 2 草津温泉の湯畑から観光客が消えた日
 3 もとに戻ることはないことを認識する
 4 青い鳥に気づいた「生活観光」「暮らし観光」
 5 ウィズコロナの時代の旅のトレンド
 6 インバウンド客はいつ戻ってくるのか

第9章 「旅」を通じて社会ともっとつながる
 1 地域磨き、宿磨きの応援団
 2 ライターの仕事を横展開する
 3 目指すは言霊使い
 4 できることを増やす

参照した文献・ウェブサイト一覧

おわりに
著者略歴
野添 ちかこ(ノゾエ チカコ nozoe chikako)
1972年、神奈川県生まれ。短期大学卒業後、東京銀行(現・三菱UFJ銀行)入行。23歳のときに観光の業界新聞記者になり、テレビ局、ウェブ制作会社などを経て2006年に独立。温泉・宿、旅の情報を発信。3つ星温泉ソムリエ、温泉入浴指導員・温泉利用指導者、温泉指南役、健康と温泉フォーラム研究員、宿のミカタプロジェクトチーフ・プロデューサー、熊野古道女子部副部長、岐阜県中部山岳国立公園活性化推進協議会顧問、日本健康開発財団評議員。著書に『千葉の湯めぐり――温泉ソムリエが選んだ58湯』(幹書房)、共著に『カラダの中からキレイになる宿』(JTBパブリッシング)など。
タイトルヨミ
カナ:リョコウライターニナロウ
ローマ字:ryokouraitaaninarou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

青弓社の既刊から
佐幸信介/著
星野映/編著 中嶋哲也/編著 磯直樹/編著
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:山岸伸 歩りえこ 
一般社団法人高等教育開発研究所:出光直樹 宮本俊一 河村振一郎 
筑摩書房:アンドレイ・タルコフスキー 鴻英良 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。