近刊検索 デルタ

2024年3月5日発売

時事通信出版局

出版社名ヨミ:ジジツウシンシュッパンキョク

子どもと真剣に生理の話をしよう : 自立につながる月経教育

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
月経を正しく学ぶと子どもは自立する!金メダリストなどもサポートしてきた著者が、誰でも今すぐできる「月経教育」の始め方を伝授
目次
■ 第1章 いま「月経教育」が必要な理由
◆1 「月経教育」のファーストステップ
●月経は面倒で邪魔な存在という「思い込み」を捨てましょう
●月経教育の基本=「月経が来てよかった」と思えるようになることです!
◆2 「月経」についてのよくある誤解
●性別に関係なく、月経についての誤った認識があふれています
●大人が月経を理解していないと、子どもは悩みを打ち明けられません!
●一人で対応しようと思わなくても大丈夫です(特に男性)
●「月経期間中はパフォーマンスが下がる」はアスリートには当てはまりません
●「低用量ピル」や「鎮痛剤」も強い味方になります
◆3 「月経教育」の最終目標
●最上位目標は子どもの「自立」です!
●私が見た、月経教育で自立したジュニアアスリートたち
■ 第2章 「月経」の基本をおさらいしよう
◆1 「月経」の基礎知識
●女性の体内では約1ヵ月で「3つの周期」+「月経」のサイクルが繰り返されています
●月経には2つのホルモンと4つの器官が関わっています
●月経は「脳」がつかさどっていることを理解することが重要です
●女性の月経期間中の身心の変化には「ホルモン」も強く影響しています
◆2 月経期間中に女性の体に起きる変化
●月経期間によって、女性の体温は顕著に変化します
●風邪を疑うほど体温が上がる人もいます
●ホルモンが心身に不調をもたらすこともあります
●月経痛は若年から、PMSは成長につれ現れる人が多いです
●月経随伴症状がつらい場合は、ためらわずに受診しましょう
■ 第3章 「月経教育」をしよう①-基本編
◆1 「月経教育」を行なうためのマインドセット
●「自分で決断」できるようになることを目指します
●自分で状況を説明できる力を育てましょう
●子どもは大人の顔色を伺い、空気を読んで行動してしまいます
●とんでもない思い込みをしている子どももいます(=ゼロから教える必要性)
●「子ども最優先」で考えれば、何が必要か見えてきます
●月経教育は子どもに関わる「すべての大人の責任」だと心得てほしいです
◆2 月経を「見える化」しよう
●女性でも意外に正確な「月経周期」の数え方を知りません
●アプリなどで月経周期を記録しましょう
●慣れてきたら月経の「状態」を記録してきましょう
●「基礎体温」も記録していくのがベストです
●基礎体温は「婦人体温計」で計測します
●スポーツをしている子どもは体重も記録していくとなおいいです
●不調の場合は、「セルフチェックシート」に症状を書き出してみましょう
●記録したデータは大人が定期的に確認しましょう
◆3 子どもの「相談力」を高めよう
●月経について「助けて」と言える子どもを育てるコツがあります
●男性でも相談してやすい人がいます
●完璧を目指さず、できることからゆるく始めてみましょう
◆4 「病院に行く」を当たり前にしよう
●医師とつながるのも月経教育の大きな目標です
●月経についての受診ですぐに内診することはありません
●婦人科の医師も「何かあればすぐに受診してほしい」と願っています
●大事なのは、「何をどうしたいのか」子ども自身が医師に自分の状態を伝えることです
■ 第4章 「月経教育」をしよう②-対処編
◆1 痛みがある場合の対処療法
●基本は血行を改善することです
●鎮痛剤の服用は悪いことではありません
●ジュニアアスリートの場合は禁止薬でないか必ず事前確認してください
◆2 ピルを使った月経調整
●ピルは「怖い」というイメージはつくられたものです
●欧米ではピルは一般的で、特にトップアスリートには浸透しています
●ピルには種類があり、使用する目的に合わせて選択します
●継続して服用する方法と、一時的に服用する方法があります
●ピルには副作用があります
●使用するなら月経を止めたい3ヵ月前から使いましょう
●ピルの服用によりパフォーマンスが落ちることはありません
◆3 月経期間中の「貧血」に気を付ける
●「鉄分欠乏性貧血」になりやすいです
●倒れなくても貧血になっていることがあります
●食事や睡眠などが重要です
■ 第5章 「無月経」の怖さを知ろう
◆1 最大級に警戒すべき「無月経」
●正常な月経周期は「25~38日」です
●無月経は、体が生命活動を優先し生殖活動を止めている状態です
●無月経は「骨」をもろくし、最悪「骨粗しょう症」に至ります
●10~20代女性の骨密度の低下は、一生に悪影響をもたらします
●無月経はすぐには回復しません
●「競技をやめれば無月経は回復する」というのも正しくありません
◆2 無月経の防止と対処
●消費した量のエネルギーは必ず補充してください
●体重増加を怖がるジュニアの選手たちに伝えることがあります
●エネルギーの「好循環」がパフォーマンスをあげます
●食事制限から摂食障害になることもあります
●どうしても減量しないといけない場合は栄養バランスと補給のタイミングが大事です
●保護者や指導者は「ストッパー」を自覚しましょう
●異変がある場合はメンタル面も診てもらえる病院をお勧めします
●「三主徴」から「RED-S」の時代に変わっています
著者略歴
鈴木 なつ未(スズキナツミ suzukinatsumi)
タイトルヨミ
カナ:コドモトシンケンニセイリノハナシヲシヨウ : ジリツニツナガルゲッケイキョウイク
ローマ字:kodomotoshinkenniseirinohanashioshiyou : jiritsunitsunagarugekkeikyouiku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
泣くな、わが子よ
ノーベル賞候補であり続ける文学者の代表作

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。