近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
絵画の中の朝鮮。
2018年に開催された光州ビエンナーレでひときわ異彩を放った作品群が、朝鮮民主主義人民共和国のトップクラスの画家が集まって描く「朝鮮画」の展示であった。そのキュレーションをしたムン・ボンガンが、アーティストのアトリエ訪問やインタビュー、集められた資料を駆使し、平壌美術の最も核心的な部分であるこの絵画について6年をかけて執筆したものが本書である。社会主義リアリズムの芸術の典型的な形態でありつつも、独自の表現方法を追求してきた「朝鮮画」。朝鮮半島に平和が訪れることを願う著者が、芸術家としての視点と学術的な研究の両面を踏まえてプロパガンダとアートの境界線上に存在する平壌美術の現在を描く。
著者略歴
ムン・ボンガン(ムンボンガン munbongan)
白凛(ペクルン pekurun)
タイトルヨミ
カナ:ピョンヤンアート
ローマ字:pyonyanaato

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

青土社の既刊から
八木健治/著
ウェンディ・ウィリアムズ/著 的場知之/翻訳
ベア・ウースマ/著 ヘレンハルメ美穂/翻訳
タニヤ・タラガ/著 村上佳代/翻訳
ロッセル・ホープ・ロビンズ/著 松田和也/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。