近刊検索 デルタ

2021年7月20日発売

青土社

占領と平和 〈戦後〉という経験

〈戦後〉という経験
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日米合作の「ナショナリズム」、底からの抵抗と闘争の脈動――
〈戦後〉はいかにうみだされ、どのように生きられてきたのか。『菊と刀』の抜本的読みなおしなど、膨大な資料を縦横に駆使し、日米合作の占領が作り上げた東アジア冷戦体制とナショナリズムを再審にかけ、反戦平和運動の実践と思想のうちに豊穣な抵抗の歴史を見出す、戦後史研究の新たな展開。解説・酒井隆史
著者略歴
道場親信(ミチバチカノブ michibachikanobu)
タイトルヨミ
カナ:センリョウトヘイワ
ローマ字:senryoutoheiwa

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

青土社の既刊から
マーク・ソームズ/著 岸本寛史/翻訳 佐渡忠洋/翻訳
マイケル・クロウリー/著 児島修/翻訳

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。