近刊検索 デルタ

2021年8月26日発売

青土社

魔女狩りの地を訪ねて

あるフェミニストのダークツーリズム
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ジャンヌ・ダルクはなぜ人気があるのか
フェミニストでもある筆者が、フランスのジャンヌ・ダルクやアイルランドのアリス・キテラゆかりの地から、イタリア・ボローニャのタロットミュージアム、ロンドンのチェルシー薬草園、アメリカのセイラムまで、魔女狩りの歴史を持った土地を訪ね、“魔女”が辿った残酷な運命とその土地の現在を紹介しながら、「魔女狩り」とはなんだったのかを考察する。
装丁:大倉真一郎 装画:ヒグチユウコ
著者略歴
クリステン・J・ソレ―(クリステンジェイソレー kurisutenjeisoree)
松田和也(マツダカズヤ matsudakazuya)
タイトルヨミ
カナ:マジョガリノチヲタズネテ
ローマ字:majogarinochiotazunete

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

青土社の既刊から
アントーニオ・スクラーティ/著 望月紀子/翻訳
内山田康/著
マーク・ソームズ/著 岸本寛史/翻訳 佐渡忠洋/翻訳
ベア・ウースマ/著 ヘレンハルメ美穂/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
プレジデント社:
星海社:Cygames CLAMP 小野ミサオ かめれおん おえかきえんぴつ ほか
朝日新聞出版:伊坂幸太郎 
白夜書房:紺野貴子 小林美咲 米本英美 
日本実業出版社:中川右介 
講談社:講談社 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。