近刊検索 デルタ

2020年7月22日発売

税務研究会出版局

一目でわかる小規模宅地特例100

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
個人が、相続や遺贈によって取得した財産のうち、被相続人(亡くなられた方)が住んでいた土地や事業をしていた土地について、一定の要件を満たす場合には、最大で80%評価額を減額する特例があります。
本書は、この「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」について、特例の適用形態を体系的に整理し、イラストを織り込んで、辞書をひく要領で適用状況がわかるよう編集した好評書です。
「小規模宅地特例」と併用して適用のできる「特定計画山林の特例」等のほか、「小規模宅地特例」との選択適用となる「個人の事業用資産についての相続税の納税猶予及び免除」制度など、その内容についても解説しました。
さらに、民法改正に伴って整備された相続税における「配偶者居住権等の評価額の規定」についても取り上げています。
著者略歴
赤坂光則(アカサカミツノリ akasakamitsunori)
タイトルヨミ
カナ:ヒトメデワカルショウキボタクチトクレイヒャク
ローマ字:hitomedewakarushoukibotakuchitokureihyaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
大蔵財務協会:大坪和敏 
金子書房:江川玟成 
技術評論社:技術評論社編集部+AYURA+稲村暢子+リブロワークス 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。