近刊検索 デルタ

11月24日発売予定

新評論

すてきなテーブル

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「黙食・孤食」「スマホ脳」問題をいっしょに解決!
バラバラの家族を再び結びつける心あたたまる物語

 年少者も重症化しうる新型コロナ変異株の出現以降、保育園・幼稚園や小学校でも昼時の「黙食」が原則化しはじめました。感染対策として個包装の簡易給食にきりかえる自治体もあり、おしゃべりができない味気なさとあいまって、食欲がわかない子も少なくないようです。
 いっぽう若年層の「孤食」の問題は、すでに1980年代から指摘されていました。家庭環境によっては一定の頻度の孤食は避けられませんし、長じてのちは「ひとり飯」が気楽な日もあるでしょう。ただある時期から、食卓をともにしながら会話もなく、めいめい何らかのメディアに夢中という光景が珍しくなくなりました。そしてコロナ禍により、家庭内感染への懸念もあって「各自携帯端末を眺めながらの黙食=実質上の孤食」が常態化してはいないでしょうか。子どもたちはいま、食卓で感情や思いを共有する体験を奪われると同時に、装置に依存する生活をしいられようとしています。『スマホ脳』の著者A・ハンセンが示唆するように、技術全体主義のもとで携帯端末がライフラインになってしまうと、画面上の点滅に人生を支配されかねません。
 本書は世界的な絵本作家が、こうした時代状況を鋭敏にとらえて描いた「家族の食卓」をめぐる寓話です(原題はOur Table=「わたしたちの食卓」なので、非血縁関係も含みます)。この家のテーブルは日ごとに存在感を減じており、それに気づいているのはおさない長女だけです。彼女はまたこの現象が、じぶん以外の家族が各々専用の端末をもっていることと関係があるのもわかっています。さて、装置(デバイス)への隷従から解放され、共有(シェア)と互いへの関心(ケア)の時間をとりもどすために少女がとった痛快な解決策とは…? きわめて現代的な主題(コロナ禍・孤食・黙食・スマホ脳)と普遍的な主題(ともにすごす時間の有限性)がみごとに融合した、今秋最大の話題作です。(しまづ・やよい)
著者略歴
ピーター・レイノルズ(ピーター レイノルズ piitaa reinoruzu)
Peter H. REYNOLDS 数々のヒット作で知られる世界的絵本作家。邦訳に世界中の「おえかき嫌い」を救った『てん』(あすなろ書房)、世界中の母親の心を打った『ちいさな あなたへ』(文:A・マギー、主婦の友社)、新進気鋭の作家S・ヴェルデとの共著『ぼくは にんげん』など。
島津やよい(シマズヤヨイ shimazuyayoi)
タイトルヨミ
カナ:ステキナテーブル
ローマ字:sutekinateeburu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

新評論の既刊から
中野智世/著 木畑和子/著 梅原秀元/著 紀愛子/著
スター・サックシュタイン/著 田中理紗/翻訳 山本佐江/翻訳 吉田新一郎/翻訳
アダム・チェインバーリン/著 スヴェタスラヴ・メイジック/著 福田スティーブ利久/翻訳 ほか
エリサベス・アルネール/著 ソルヴェイ・ソーレマン/著 伊集守直/翻訳 光橋翠/翻訳
松岡洋子/著
もうすぐ発売(1週間以内)
集英社:堂場瞬一 
えにし書房:マーガレット・マクミラン 真壁広道 
玄光社:CMNOW編集部 大塚素久(SYASYA) 
講談社:藤本ひとみ 
共立出版:DavidI.Spivak 川辺治之 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。