近刊検索 デルタ

2022年11月28日発売

新評論

出版社名ヨミ:シンヒョウロン

知泉源氏 1 完訳漫画『源氏物語』

完訳漫画『源氏物語』
知泉源氏・第Ⅰ期《青春編》
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
世界に冠たる平安大河小説、初の完全漫画化!
博覧強記の雑学王がおくる初の「サクサク読めて味わい尽くせる源氏」
源氏の誕生から青年期までを描く第Ⅰ期《青春編》全6巻刊行開始!

 世界最長・20世紀最大の小説『失われた時を求めて』の900年前、日本の平安時代に、深い教養と圧倒的な筆力で人の心の襞、貴族の栄華と没落、生臭い権力闘争を巧みに描き尽くした作品が誕生していました。ご存じ紫式部作『源氏物語』です。しかし「日本文学の最高傑作」とされるこの作品、従来は「華麗な王朝ロマンス」として消費される傾向にありました。またその長大さから、原典はもとより現代語訳さえ途中で挫折しがちです。
 この世界に冠たる大河小説の最大の特徴は、とにかくめっぽう面白いこと。その醍醐味をもっと気軽に味わってほしい―作者はそう考え、10年越しで原典の研究をかさね、現代語訳や副読本を渉猟し、完全漫画化に挑みました。その解釈はきわめて信頼度が高く、しかも純粋に漫画として面白くサクサク読める作品となっています。これまでの漫画版で後景化しがちだったエピソードや、作中に登場する800首もの和歌もいっさい省略せずに紹介。小学生から読めるよう、漢字は総ルビ、古文用語も作中でわかりやすく解説。各話の間に古典の知識が身につくあとがき漫画を配置。400人以上にもおよぶ登場人物たちが総キャラ立ち…などなど、これまでの漫画化作品にはなかった創意工夫が満載です。ミッシングリンクとして名高い幻の「輝日宮【かがやくひのみや】」の帖も、第1巻で予測再現されます。
 編集子同様、読みだしたら止まらない「源氏沼」にぜひハマっていただけたら幸甚です。また生徒児童の古文学習のサブテキスト、古典を学び直したい大人の教養漫画、そして2024年NHK大河ドラマ『光る君へ』の予習ツールとしても心よりおすすめいたします。(編集部)

*第Ⅰ期《青春編》全6巻には「第十六帖 関屋」までを収録予定。全五十四帖で20巻前後予定
*第3巻は2023年春、第4~6巻は23年夏~24年初頭の刊行予定
著者略歴
杉村喜光(スギムラヨシミツ sugimurayoshimitsu)
雑学ライター、漫画家、ラジオパーソナリティ、作詞家。静岡県出身。筆名 「知泉(ちせん)」。2013年より無料オンラインコミックマガジン『電脳マヴ ォ』で『やじきた雑学問答』『知泉的古事記 ふることふみ』などを発表。 『源氏物語』研究・探究歴は15年におよぶ。2021年、『アレにもコレにも! モノのなまえ事典』(ポプラ社)で「図書館員がえらぶ選書センター大賞」を 受賞。単独編集による『異名・ニックネーム事典』(三省堂)、最新刊『まだ まだあった!! モノのなまえ事典』(ポプラ社)など、書籍のヒット作も多い。
タイトルヨミ
カナ:チセンゲンジイチ
ローマ字:chisengenjiichi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
緑の書 リビアのカダフィ大佐の理論
2011年10月20日、カダフィ大佐は殺された

-- 広告 -- AD --

新評論の既刊から
辻田素子/著 長崎利幸/著 関満博/著 山北晴雄/著 酒本宏/著
もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
講談社:鈴木ゴータ 
小学館:堂場瞬一 
講談社:西條奈加 
以文社:デヴィッド・グレーバー 藤倉達郎 
原書房:高尾栄司 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。