近刊検索 デルタ

2019年7月25日発売

晶文社

少女奇譚

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
少女たちの声はどこか懐かしい。
閉ざされた家の抑圧、母娘の悲哀、
細やかな筆致が、幼い記憶を鮮やかに喚起する。
文月悠光(詩人)

少女は少女であるがゆえに怪異に遭遇する。
異能の奇譚蒐集家による、実話怪談ルポルタージュ。

「女の子すなわち少女である」
怪異体験者たちの生身の声を綴り明かす実録奇譚集。
幼き日のあなただけに見えたもの、聞こえた声が
再び鮮やかに甦る。

現代人の大半は、基本的に常に何事も合理的に考えており、
たとえ悪いことが起きたとしても、誰かが自分を恨んで藁人形の
五寸釘を打ったり、人形を用いる《厭魅》や動物霊を用いる《蠱毒》
などの呪術を使ったりしている可能性には思い至らないものだ。
では、たとえば思いがけない事故に遭って大怪我を負った直後に、
自分の写真が貼られた藁人形のような呪いの証拠物
件を突きつけられたら、どう感じるか?……(「呪殺ダイアリー」より)
目次
はじめに

【あやし】
あきちゃん
人ならぬもの
河童
御瀧不動尊
ナメクジの王様
キューピッドの合唱

【学校奇譚】
階段の花子さん
足が消える
春の小川
十字路より
鐘の音、水の音
憑依体質
今日は楽しかったか?
沖縄の修学旅行

【予知と夢】
教える生首
前夜に視たこと
夢枕に立つ

【呪い】
呪殺ダイアリー
母という人

【家と家族】
音さすても見ねぁ
ばあちゃんに逢いたい
二人のハルキ
問題の部屋
鉄道の夜
七福神の宴会
菊の花一輪
蛇を殺すな。触るな。目も合わせるな。
著者略歴
川奈まり子(カワナマリコ)
東京都生まれ。女子美術短期大学卒業後、出版社デザイン室勤務、フリーライターを経て、 山村正夫記念小説講座で小説を学び、2011年、『義母の艶香』(双葉文庫)で小説家デビュ ー。単著に『赤い地獄』(廣済堂出版)、『実話怪談 出没地帯』『でる場所』(河出書 房新社)、『実話怪談 穢死』『実話奇譚 呪情』『実話奇譚 夜葬』『実話奇譚 奈落』 『一〇八怪談 夜叉』(竹書房)、『迷家奇譚』(晶文社)、共著に『嫐 怪談実話二人 衆』『現代怪談 地獄めぐり』(竹書房)、『女之怪談―実話系ホラーアンソロジー』 (角川春樹事務所)など、怪談の著書多数。日本推理作家協会会員。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

晶文社の既刊から
アンネッテ・ヘアツォーク/著 カトリーネ・クランテ/イラスト ラスムス・ブラインホイ/イラスト ほか
美学校/編集
川奈まり子/著
本日のピックアップ
金子書房:ダッレ・グラーヴェ 吉内一浩 山内敏正 サルティラーナ エル・ゴッチ ほか
北大路書房:道野真弘 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。