近刊検索 デルタ

2019年12月9日発売

晶文社

シラバス論

大学の時代と時間、あるいは〈知識〉の死と再生について
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「教育改革」「入試改革」が進めば進むほど、教育格差と格差社会は拡大する。そのすべての原因は、中曽根臨教審から30年も続いている〈知識〉軽視の教育施策にあった。従来の教育改革からも、教育学者からも、置き去りにされてきた「シラバス」改革にこそ、空転し続ける大学改革を再生させる鍵がある。〈知識〉の復活、大学再生を通じて、格差の流動化を訴える画期的論考。諸悪の根源は「教育改革」。大学論のエンサイクロペディア誕生!

「今日の教育の現状を考える上で、シラバス(授業計画)に対する大学や教員の態度をみることは決定的なことだ。文科省の諸施策も含めてあらゆる大学改革が頓挫するのは、シラバスに対する関心が大学内外において薄すぎるところから来ている。/私のシラバス論は、一九九〇年代に始まった〈知識〉論、つまり「知識も大切だが、態度や意欲も、そして人間的な魅力も大切」と言って、一度もその「も」の意味が問われなかった〈教育〉の在り方を再検討するためのものである」(まえがきより)
目次
まえがきにかえて──シラバス論が書かれなければならなかった四つの動機について

■第一章 一九九一年「大綱化」以降のシラバス

第一節 カリキュラム自由化とシラバス
第二節 カリキュラムの反対語としての講座制──大学におけるカリキュラム形成の阻害要因について

■第二章 「概念概要」型シラバスと「時間」型シラバスと

第一節 授業概要が授業回毎に詳細化する意義──概念のインカネーションとしてのコマシラバス
第二節 教育=学習の目標開示としてのコマシラバス
第三節 コマシラバスと授業時間の設計──教科書と教材との違い、あるいは概念を時間化するということ
第四節 コマシラバスの具体的な記載例──「主題細目」と「細目レベル」表示のあるシラバス
第五節 パワーポイントプレゼンはなぜ教育的ではないのか
第六節 受講前・受講後フォローとしてのコマシラバス
第七節 「見る」シラバスから「使う」シラバスへ──メタ教材(教材参照体系)としてのコマシラバス
第八節 授業評価・授業改善のプラットフォームとしてのコマシラバス──思惑の差分を意識することの〈双務性〉について

■第三章 コマシラバスによるカリキュラムの構築

第一節 単位制科目における深化の時間性
第二節 小テストの累積では問えない科目の〈全体〉
第三節 カリキュラム・リテラシーとしてのコマシラバス
第四節 教育と研究との接点としてのコマシラバス
第五節 カリキュラム体系の一部としてのアセスメント・ポリシー

■第四章 「コマシラバス」という言葉と一〇年後のシラバス論

第一節 教員の自己管理のためのコマシラバス
第二節 生涯学習的なコマシラバス
第三節 一〇年後のコマシラバス論──試験センターの創設と科目数の削減
第四節 「それでもシラバスは詳細化する意味がない」という教員のために

■第五章 終わりにかえて──新しい人材像とシラバスとカリキュラムと

第一節 ハイパー・メリトクラシー論と大学の「機能別分化」論の隘路
第二節 カリキュラムの文化性こそが格差社会を相対化する

附論1 大学入試改革と人物評価主義について

附論2 学校教育における〈キャリア教育〉とは何か──芦田宏直×本間正人トークセッション

あとがきにかえて──往相・還相のコマシラバスについて
著者略歴
芦田宏直(アシダヒロナオ ashidahironao)
芦田宏直(あしだ・ひろなお) 1954年京都府生まれ。早稲田大学大学院博士後期課程満期退学(哲学、現代思想専攻)。学校法人小山学園理事、同・東京工科専門学校(現東京工科自動車大学校)校長、東海大学教授を経て、現在、学校法人河原学園理事、同・副学園長、人間環境大学・副学長、辻調理師専門学校グループ顧問。2000年度労働省「IT化に対応した職業能力開発研究会」委員、2003年度経済産業省「産業界から見た大学の人材育成評価に関する調査研究」委員、2004~2007年度文科省「特色ある大学教育支援プログラム」審査部会委員、2008年度文科省「質の高い大学教育推進プログラム」審査部会委員などを歴任。著作に『書物の時間──ヘーゲル・フッサール・ハイデガー』(行路社)、『努力する人間になってはいけない──学校と仕事と社会の新人論』(ロゼッタストーン)、翻訳(監訳)にJ.-L.マリオン著『還元と贈与──フッサール・ハイデガー現象学論攷』(行路社)などがある。
タイトルヨミ
カナ:シラバスロン
ローマ字:shirabasuron

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

晶文社の既刊から
晶文社学校案内編集部/編集
佐藤友亮/著
じろまるいずみ/著
本日のピックアップ
北大路書房:民秋言 安藤和彦 米谷光弘 上月素子 大森弘子 
ミネルヴァ書房:大豆生田啓友 三谷大紀 
ミネルヴァ書房:ミネルヴァ書房編集部 
北大路書房:民秋言 安藤和彦 米谷光弘 中西利恵 大森弘子 長谷雄一 ほか
コロナ社:野村卓史 長谷部寛 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。