近刊検索 デルタ

2022年12月20日発売

晶文社

出版社名ヨミ:ショウブンシャ

スティーブ&ボニー

砂漠のゲンシリョクムラ・イン・アメリカ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
誰も読んだことのない、真面目で、おかしくて、ハートウォーミングな、ゲンシリョク・ロードムービー・エッセイ!

福島県で夫と植木屋を営む著者のもとへ、アメリカで開かれる原子力に関する会議に出席しないかというメールが舞い込む。引き受けたはよいものの、言語や相互理解の壁に、どうしたものかと途方に暮れる著者。現地に飛び込み、原子力や放射線防護について意見を異とする人びとと交わるうちに、歴史・民族・国家・戦争・テクノロジーと人間のさまざまな関係性が浮かび上がる。その旅路を等身大の視点から描いた連作エッセイ集。衝撃のデビュー作『海を撃つ――福島・広島・ベラルーシにて』(みすず書房)に続く第二作!

江川紹子さん推薦!「他者を論破できる「正しさ」を希求するより、人と人が「わかり合う」とは何かをじわじわ考えたい人にお勧めの一冊」

山本貴光さん推薦!「原子力を語ると、どうして話が通じなくなるのか。それでも分かりあえるとき、何が起きているのか。これは、そんな絶望と奇跡をめぐる旅の記録である」
目次
1 奇妙なはじまり
2 本場・原子力ムラとの出会い
3 安請け合いのゆくえ
4 スティーブとの対面
5 裸足の数学者
6 ハンフォードからヒロシマへ
7 ダンとのドライブ
8 砂漠のピクニック
9 強制収容キャンプの記憶
10 キャラバンは砂漠をゆく
11 「BUY U.S. SAVINGS BOND」
12 砂漠に夕日は落ちる
13 いまは、いい友達
14 会議がはじまる
15 「オルマニーへのまなざし」
16 風邪のスープ
17 ソドムとゴモラのケーキ
18 「恐ろしいのは人間です」
19 初恋のようなハグ
20 絶望のような希望
21 宇宙語で話す
22 ゲニウス・ロキの生まれるところ
23 愛を込めて
あとがき
参考資料
著者略歴
安東量子(アンドウリョウコ andouryouko)
1976年広島県生まれ、福島県いわき市在住。原発事故後、ボランティア団体「福島のエートス」を設立。現在、NPO福島ダイアログ理事長、作家。著書に『海を撃つ――福島・広島・ベラルーシにて』(みすず書房、2019)、共著に『末続アトラス2011-2020:原発から27km――狭間の地域が暮らしを取り戻す闘いの記録』(福島のエートス、2022)。Twitter: @ando_ryoko
タイトルヨミ
カナ:スティーブアンドボニー
ローマ字:sutiibuandobonii

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
シネシネナンデダ日記
本物の狂気はあんまり格好よくないです(著者)

-- 広告 -- AD --

晶文社の既刊から
横道誠/著・編集 島薗進/著 信田さよ子/著 釈徹宗/著 中田考/著 沼田和也/著 ほか
矢野利裕/著
ディペシュ・チャクラバルティ/著 早川健治/翻訳
アラン・マバンク/著 藤沢満子/翻訳 石上健二/翻訳
遠藤雅司/著
もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:やまもとりえ 
成文堂:長谷川貞之 
光文社:大石直紀 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。