近刊検索 デルタ

2018年10月5日発売

信山社出版

租税正義と国税通則法総則

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「国税通則法は、不可避的に、様々な態様の「法律の欠缺」を包含する。本書は、実質的租税法律主義を定礎している、正義を指向する法実証主義に立ち返り、租税法の憲法化と民法の準用とにより、日常生起している社会問題を法的問題として把握し直し、法的に解決せんと試みるものである。」(はしがきより)。開かれた租税法学を拓く、必読・お薦めの論稿群。
著者略歴
木村 弘之亮(キムラ コウノスケ kimura kounosuke)
酒井 克彦(サカイ カツヒコ sakai katsuhiko)
タイトルヨミ
カナ:ソゼイセイギトコクゼイツウソクホウソウソク
ローマ字:sozeiseigitokokuzeitsuusokuhousousoku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

信山社出版の既刊から
オットー・フォン・ギールケ/著 庄子良男/訳
芹田健太郎/編集 坂元茂樹/編集 薬師寺公夫/編集 浅田正彦/編集 酒井啓亘/編集
辰井聡子/著 和田俊憲/著
本日のピックアップ
第一法規:板垣勝彦 
技術評論社:きたみりゅうじ 
シーエムシー出版:工藤宏人 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。