近刊検索 デルタ

9月18日発売予定

SBクリエイティブ

ダークメンター

グズでうだつのあがらない僕を口の悪いメンターが変えていく物語

定価:1,650円(1,500円+税)

判型:四六

openbd

週次:
 
1位
>> 2位
月次:
 
1位
>> 2位

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
メンタリストDaiGo「初」の自己啓発「小説」!

その圧倒的な知識量とカリスマ性で、多くの読者の支持を得ているメンタリストDaiGoさん。
そんなメンタリストDaiGoさんは、さまざまなノウハウをみなさんに伝えるなか、1つ残念に思っていることがありました。
それは、結局、みなさんが、何からどう始めればいいかを把握できていないこと。
そこで考えました。どうすれば、効果的にみなさんに伝えることができるのか。
そして、生み出されたのが本書です。
小説にして、感情をうったえることで、たんなる知識ではなく実戦へと落とし込めるのです。
ぜひ、メンタリストDaiGoさんによる、新しい自己啓発を体験してみてください。
きっと、新しい日常が始まることでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幼いころ誰もが夢みていた「ヒーロー(ヒロイン)」になりたいという思いをくすぐり、勇気づけ行動させることをうながす「心理術」。
グズな主人公が謎のダークメンターと出会って成長する「ショートストーリー」でわかりやすく面白くてタメになる一冊です。
ネガティブを1つずつ克服し、試練を乗り越えながら主人公の物語&解説は進みます。


■登場人物キャラクター
●主人公/鈴木翔太 男性 28歳
年収380万 東京出身
・長所 ①やさしい ②意外と素直 ③人をわりと信じやすい
・短所 ①自分に自信がない ②嫉妬深い ③ゲーム好き ④意志が弱い ⑤人を信じやすい ⑥捨てることは苦手
・特徴
独身、彼女はいない。真剣な恋愛は未経験。周りにも結婚・出世している人が多くなっているミニマムライフ世代。ぐーたら、ファーストフード、ラーメン、牛丼好き。やる気が出るのを待っている、人のせい、嫌われたくない、言いたいことを言わない。傷つきたくない、責任とりたくない。

●謎のメンター/ Dディー(仮) 35歳前後?
・特徴/早口(意図的でもあり)で、口が悪い。なぜかいつも公園に裸足でいる。翔太がつけたあだ名は「仙人野郎」。
目次
第1章 始まり:怠惰な日常から抜け出す

シーン1 グズな日常
変化のない空虚で怠惰な日々をすごす主人公。しがないIT関連会社の営業マン。
パソコンに向かって職探しの日々。営業に出るといっては、公園で時間をつぶしている。
出てくるのは文句ばかり。

シーン2 メンターとの出会い
いつもの公園。いつものベンチ。裸足の謎の男性に出会う。知りもしない相手から、『言い訳ばかりしているおまえの未来はずっと「今と同じ」で予測もつかない素晴らしい未来、はない』と言われる。その後、入館証の入った定期入れを忘れたことに気づき、公園に探しにいくとそのにまた謎の男がいて……。

シーン3 意外な場所での遭遇
出社すると、朝の運動のおかげで血色がいいと褒められた。それ以外にもいつもと違うことがいくつか起きる。
ある日の夜、部長に頼まれて届け物をしに商談場所の店に行くと、なんと部長の大切なクライアントと一緒にいたのは……。

第2章 勇気:変化のために一歩踏み出す

シーン4 気乗りしないけどやってみる
「仙人野郎」への興味ががぜん高まる翔太。公園で待ってやっと会うことができ、瞑想を終えたDが、人と比較する翔太のメンタルについて指摘。まずありのままの自分を認めることが大事だと解説。そして、まずは運動を習慣化することを強く薦められる。

シーン5 ちょっと怖いけどやってみる
翔太はじつはあれから運動を取り入れている。自分自身の変化にも気づき始めている。身だしなみが変わった。以前よりも、不満をぶつけることがなくなった。その分、「自分がいけないんだ」と自分のせいにすることが増えた翔太に、Dがネガティブバイアスなどへの対策を伝授する(セルフコンパッション)。

第3章 挑戦: いままでしてこなかったことをやってみる

シーン6 新しい自分が回りだす
新しいプロジェクトのリーダー的な立場に。少しずつ評価を得る反面、頼まれることが多くなり、自分の時間がなくなってくる翔太。頼まれたら断れない性格に根本的なメスを入れる。

第4章 試練: もう一度立ち上がる

シーン7 心理的な試練
一難去って、少しずつモチベーションを持ち直してきた翔太。彼女もできて楽しい日々を送るある日、ひょんなことから知りたくなかった彼女の裏側を知ってしまう。そこから立ち直るための、レジリエンス、アンガーマネジメントを学ぶ。

第5章(最終章) 成長:ヒーローに生まれ変わる

シーン8 どうすれば劇的に変われるのか
もっと仕事ができるようになりたい、彼女がほしい、貯金もしたい翔太に、Dが伝授したのは「習慣化」のノウハウ。

シーン9 誰だってヒーロー
メンターからの卒業、自分探しの帰結。モチベーションを保つ努力。誰かのためが一番の力になる。ヒーローであり続けるために。
著者略歴
メンタリストDaiGo(メンタリストダイゴ mentarisutodaigo)
英国発祥のメンタリズムを日本のメディアに初めて紹介し、日本唯一のメンタリストとしてTV番組に出演。その後、活動をビジネスやアカデミックな方向へ転換、企業のビジネスアドバイザーやプロダクト開発、作家として活動。著書は累計400万部。ビジネスや健康法、恋愛や子育てまで幅広いジャンルで人間心理をテーマにし、YouTubeや独自配信アプリ【Dラボ】にて動画配信を精力的に行っている。趣味は1日10~20冊程度の読書、猫と遊ぶこと、筋トレ。
タイトルヨミ
カナ:ダークメンター
ローマ字:daakumentaa

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
近刊:ランダム

>> もっと見る

新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。