近刊検索 デルタ

2020年1月20日発売

翔泳社

現場で使える!Python自然言語処理入門

AI & TECHNOLOGY
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
第一線のAIエンジニアによる
実プロジェクトの経験に裏打ちされた
「自然言語処理」のツボをここに集約!

【本書の目的】
本書は、Pythonを利用して、人工知能分野で注目されている
自然言語の分析手法を解説した書籍です。
従来技術と新技術を比較しつつ、
「インデックス化」「エンティティ抽出」「関係抽出」
「構文解析」「評価・感情・概念分析」を網羅。

Pythonによるプログラムや、APIの利用、
商用サービス(IBM Watson)や
OSS(Mecab/Elasticsearch/Word2Vec)の利用など、
実践的な手法を解説します。
また最終章で話題のBERTについて解説します。

【本書の特徴】
本書は全体で5章構成になっています。
第1章:テキスト分析の概要をユーザ―目線、エンジニア目線の両方から丁寧に解説します。
第2章:テキスト分析のタスクを上げ、実際の分析までの具体的な方法を解説します。
第3章:AIの発達する前から利用されていたテキスト分析の手法について、
MecabやElasticsearchといったOSSを利用して解説します。
第4章:IBM社のWatson APIのAI技術を利用したテキスト分析手法を解説します。
第5章:Word2VecというOSSを利用した分析手法や、話題のBERTについて解説します。

【対象読者】
自然言語処理を学びたい理工学生・エンジニア

【著者プロフィール】
赤石雅典(あかいし・まさのり)
1987年日本アイ・ビー・エムに入社。東京基礎研究所で数式処理システムの研究開発に従事する。
1993年にSE部門に異動し、主にオープン系システムのインフラ設計・構築を担当。
2013年よりスマーターシティ事業、2016年8月にワトソン事業部に異動し、今に至る。
現在は、Watson Studio / Watson OpenScaleなどデータサイエンス系製品の提案活動が主体。

江澤美保(えざわ・みほ)
株式会社クレスコ。企業向けWebポータル製品の開発、大規模事務管理の海外移管プロジェクト、
決済サービスのフィールドエンジニア等を経て先端技術の法人営業に転向。
2015 年よりIBM Watsonに携わり、経営層へのWatson導入提案を多く経験。
現在は企業のAI導入支援を手掛けるAIコンサルタント・エンジニアとして活動中。
2019年よりIBM Champion。

目次
Chapter 1 テキスト分析とは
 1.1 テキスト分析の目的
 1.2 テキスト分析の要素技術

Chapter 2 日本語テキスト分析:前処理の勘所
 2.1 テキストの入手
 2.2 形態素解析

Chapter 3 従来型テキスト分析・検索技術
 3.1 係り受け
 3.2 検索
 3.3 日本語の検索
 3.4 検索結果のスコアリング
 3.5 類似検索

Chapter 4 商用APIによるテキスト分析・検索技術
 4.1 IBM Cloudにおけるテキスト分析系APIの全体像
 4.2 NLU(Natural Language Understanding)
 4.3 Knowledge Studio
 4.4 Discovery
 4.5 Discoveryを使う
 4.6 API経由でDiscoveryを使う
 4.7 Discoveryによるランキング学習
 4.8 APIを利用したDiscoveryのランキング学習

Chapter 5 Word2VecとBERT
 5.1 Word2Vecモデル概要
 5.2 Word2Vecを使う
 5.3 Word2Vec利用事例
 5.4 Word2Vec関連技術
 5.5 転移学習とBERT

APPENDIX 1 実習で利用するコマンド類の導入
APPENDIX 2 Jupyter Notebookの導入手順
APPENDIX 3 IBMクラウドの利用手順

著者略歴
赤石 雅典(アカイシ マサノリ akaishi masanori)
江澤 美保(エザワ ミホ ezawa miho)
タイトルヨミ
カナ:ゲンバデツカエル パイソンシゼンゲンゴショリニュウモン
ローマ字:genbadetsukaeru paisonshizengengoshorinyuumon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
日本評論社:升永英俊 
学文社:角南なおみ 
技術評論社:金谷敏尊 甲元宏明 三浦竜樹 中村孝 内山悟志 舘野真人 マーク・アインシュタイン 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。