近刊検索 デルタ

2022年3月7日発売

翔泳社

出版社名ヨミ:ショウエイシャ

新しい写真の常識 あなたの写真は全部、正解。

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介


YouTubeで大人気のフォトグラファーが教える、
メカが苦手でもセンスがなくても
最高の一枚を撮る方法。

自分は写真のセンスがないと思っている人。
これを撮るときはこの設定! と決めている人。
F値を低くすれば必ずボケると思っている人。
何を撮ったらいいかわからない、という人へ。

ニコンカレッジ講師でYouTubeチャンネル登録者数
2万人を超えるフォトグラファー、わたなべりょうさん。

彼女のYouTubeチャンネルは、
写真が上手くなりたい人たちに役立つ
基本的なノウハウはもちろん、
これまであまり語られてこなかった
本質的な気付きが多いのが特徴です。
写真とカメラについて悩める
初心者さんからベテランの方まで
多くの支持を集めています。

「カメラ操作にメチャメチャ詳しい人」
「観光地の絵ハガキのようにカンペキに
美しい写真が撮れる人」
になりたいわけではなく、
「日常で見つけた小さな幸せ」や
「ささやかな発見」を自分らしい視点で
切り取りたいならこの本をおすすめします。

写真は本来「共感」「愛おしさ」「発見」など、
自分の中の言語化できない微妙な感情を
アウトプットできる、自由で楽しいもの。

カメラ操作が苦手でも、あなただけしか撮れない、
素敵な一枚を撮ることはできるんです。

写真をもっと自由に楽しむための本質的な
考え方とヒント、そのために最低限知っておきたい
カメラの使い方について、
じっくりお話していきます。

〈著者について〉
わたなべりょう
1983年東京都生まれ。2007年武蔵野美術大学卒業。卒業後、独学にて人物(ポートレートや家族)をテーマに撮影を重ね、大手ストックフォトサービスにおいてトップクリエイターとして活動。撮影を重ねるうち、「カメラの使い方は覚えておけば有利なものの、写真の撮り方は自由で良い」ことに気づき、その知識を一般の方にもわかりやすくシェアするための活動を開始。オフラインではニコンカレッジ基礎講座にて、オンラインではYouTubeチャンネル「わたなべりょう」にて、写真の撮り方~背景となる考え方まで、「初心者の方でもわかりやすい」を心がけて広く情報発信中。2019年から一児の母。
目次


■1章 写真で感動を伝える
あるべき論は聞いても真に受けない
写真とは料理のようなもの
高級な機材は本当に必要か
写真が難しい理由。入門書を読んでもなぜ操作できないのか
センスを磨きたいならPモード。被写体に注目しよう
【問題】なぜ違いが出ているかわかりますか?
構図よりフレーミングを意識すると写真が変わる
光を読むのが難しい理由
逆光と順光の違い
目で認識できる色と、写真で再現できる色
ピントを合わせる位置の意味を考える
ピンボケについて考えてみよう
具体的な目標を持つと写真が自然に上達する
趣味の写真は仕事の写真よりも難しい
デッサンを学ぶと写真がうまくなる理由
「思った通りに写真が撮れない」はチャンス
【問題】この写真を3分以上じっくり見てみてください
何を撮ったらいいかわからない人へ
撮った写真を見直す、選ぶ
有名フォトスポットに行かなくてもいい
SNSより自分のために写真を撮る
一人で写真を撮る時間を作る
音や匂いまでも伝わってくる写真
フォトコンテストに入賞したいなら
【問題】この写真を見て感じることはありますか?

■2章 カメラと仲良くなる
ピント合わせの仕組みを理解する
デジタルで撮る「写真の基本」とは
写真が写る仕組みを理解しよう
撮影モードはどのように使い分けるか
Pモードとオートは実はかなり違う
露出補正とは何のこと?
ボケを思い通りに扱う
「ボケ」には四つの種類がある
「焦点距離」とは何か
ズームレンズと単焦点レンズの魅力とは
マクロレンズとは何か
キットレンズは初心者だけのモノじゃない
ミラーレスカメラと一眼レフカメラの違いとは何か?
RAWとJPEG、どちらで保存するべきか
WBとは、白を白らしく見せるための機能
【問題】この写真は何を変えて撮影したのでしょうか?
【コラム】わたなべりょうのYouTube視聴者写真コーナー
著者略歴
わたなべりょう(ワタナベリョウ watanaberyou)
タイトルヨミ
カナ:アタラシイシャシンノジョウシキ アナタノシャシンハゼンブセイカイ
ローマ字:atarashiishashinnojoushiki anatanoshashinhazenbuseikai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
パレード:福永英雄 
東京創元社:堂場瞬一 
フォト・パブリッシング:寺本光照 
三五館シンシャ:屋敷康蔵 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。