近刊検索 デルタ

2021年4月7日発売

東信堂

戯曲 母をなくして

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
街の小さな食堂でアルバイトとして働くうら若い女性は、春には中学三年になるという冬に母をなくし、以来、妹二人と父との家庭を整える主婦代わりをしてきた。高校を卒業して三度めの五月、声をかけてきた大学生がいた。ちょっとした偶然の重なりがもたらす死。幾つかの些細とも言える状況によって選択し、迷いながらも生きてゆく人々。どこにでもある若者の恋。市井の人々を慈しむ眼差しがここにある。
目次
第一幕
第一場 小さな食堂 一九六七年五月
第二場 富士塚の頂上
第三場 食堂 五月下旬
第四場 夜の町の通り
第二幕
第一場 早苗の前の家の畳の部屋 六年前(一九六一年)の二月 土曜の午後
第二場 土曜の夜
第三場 日曜の朝早く
第四場 祖母の回想:北海道夕張 早苗の祖母の家 七年前(一九六〇年)二月
    順に早苗の母、昌代が実家に到着したとき・葬式が終わって・  
    それから二日後・昌代が東京に帰る前
第五場 第三場の続き
第三幕
第一場 早苗の現在の家のダイニング 一九六七年七月初め
第二場 洋館前の庭
第三場 藤井の兄の寮
第四場 洋館前の庭
あとがき
著者略歴
松永 澄夫(マツナガ スミオ matsunaga sumio)
タイトルヨミ
カナ:ギキョク ハハヲナクシテ
ローマ字:gikyoku hahaonakushite

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

東信堂の既刊から
吉野英岐/著・編集
日本自閉症スペクトラム学会/編集
大学史研究会/編集
副田義也/著
一般社団法人全国私立大学教職課程協会/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。