近刊検索 デルタ

11月2日発売予定

東信堂

有賀喜左衞門

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
20世紀初頭の農村社会研究や家族研究に多大な功績を残した有賀喜左衞門。本書は、地主・小作関係やオヤ・コ関係といった「上下結合」を根幹とする日本的社会関係の理論構築と事例分析を行った有賀の洞察過程を辿る。柳田国男の民俗学に加え、フランス社会学やイギリス社会人類学などの影響を受け確立した独自の研究方法から、わが国の農村社会関係について緻密な分析を行った有賀の生涯と研究の全貌を克明に描いた一冊。
目次
第一章 有賀喜左衞門の生涯
第二章 日本社会の社会関係
第三章 日本社会の生活組織
第四章 研究方法
有賀喜左衞門業績一覧(著作、社会的な活動)
有賀喜左衞門年表(社会の動き、本人の年譜)
あとがき
人名・地名索引/事項索引
著者略歴
熊谷 苑子(クマガイ ソノコ kumagai sonoko)
タイトルヨミ
カナ:アルガキザエモン
ローマ字:arugakizaemon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

東信堂の既刊から
木田直人/著・編集 乘立雄輝/著・編集 鈴木泉/著・編集 松永澄夫/著・編集
多和田栄治/著
茂木一司/著・編集 住中浩史/著・編集 春原史寛/著・編集 中平紀子/著・編集
日本居住福祉学会/編集
主体的学び研究所/編集
比較教育学会/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
中央公論新社:中村圭志 
アリス館:やまぐちりりこ 土屋富士夫 
ニュートンプレス:マイケル・シュレージ 椿美智子 杉山千枝 山上裕子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。