近刊検索 デルタ

2022年2月1日発売

東信堂

出版社名ヨミ:トウシンドウ

想像のさまざま

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
―「想像」こそが、人間を人間たらしめている―

あらゆる知覚に対応した人間の「想像」は、さまざまな感情や行動を規定し、また多くの芸術文化をも生み出してきた。人における体の感覚、物的環境の知覚、行動、そして感情の有りようについて考察してきた著者による想像論。これは哲学の伝統的用語で言う存在論でもあり、科学論をも含む認識論でもある。そしてとりわけ、フィクションの構造とはどのようなものであるかを、その可能性から解き明かすことに意を注いだ大著。
目次
本書を読むに当たって

第I部 想像と現実
第1章 現実との間合いからみる想像のさまざま
第2章 想像する人の基本的現実
第II部 現実の次元と意味次元
第3章 知っていることと意味事象
第4章 言葉
第5章 想い浮かべと意味事象
第III部 物的現実を目がける想像
第6章 物的現実を目がける想像
第7章 想像と知識の蓄積・知識の利用
第IV部 人と人が関与したものに対する敏感さと想像
第8章 人という知覚対象と人に関する想像
第9章 人が関与して残したものの意味を探す
第V部 像
第10章 地図
第11章 彫像
第12章 絵
第13章 演劇
結び 自己像と哲学
本執筆の経緯について―あとがきに代えて―
著者略歴
松永 澄夫(マツナガ スミオ matsunaga sumio)
松永 澄夫(まつなが すみお) 1947年、熊本生まれ。東京大学名誉教授。哲学を創造する年刊誌『ひとおもい』編集委員。著作の中のさまざまな文章が、高校教科書『国語総合』(数研出版)に掲載のほか、多数の大学、専門学校、高等学校、中学校、更に全国大学入試センターの入試問題として、また塾や通信教育の教材として利用されている。
タイトルヨミ
カナ:ソウゾウノサマザマ
ローマ字:souzounosamazama

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

東信堂の既刊から
大学基準協会/監修 永田恭介/編集 山崎光悦/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
フォト・パブリッシング:寺本光照 
ふらんす堂:種谷良二 
NHK出版:オカズデザイン NHK出版 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。