近刊検索 デルタ

2021年12月13日発売

ソーテック社

詳細!SwiftUI iPhoneアプリ開発入門ノート[2021] iOS 15+Xcode 13対応

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
眠ってる才能を揺り起そう!
本書は開発環境のXcodeを使いSwiftUIフレームワークでiPhoneアプリを作るための入門解説書です。
・試しながら開発手法を習得する
本書では開発環境Xcodeの使い方から、SwiftUIコードの便利な入力補完機能などをステップを追って説明します。ポイントにはマーカーを引き、長いコードも見てすぐわかるように枠囲みや補足説明を付けました。将来役立つ中級者向けの内容には「Level Up」アイコンが付いてます。 iOS 15になって追加変更された新機能にも注目です。
Chapter 1では簡単なSwiftUIアプリを試しに1個作ります。Xcodeの設定や基礎知識に加えてシミュレータやPlaygroundについても説明します。Chapter 2ではテキスト表示のレイアウト調整をもとにSwiftUIの基本を学びます。Chapter 3は写真や図形の表示と画像効果へと進みます。Chapter 4ではリスト表示やナビゲーションリンクをSwiftUIではどのように行うかを説明します。リンクリストからWebブラウザを開く例も試します。Chapter 5はボタン、スイッチ、スライダー、テキストフィールド入力などのUI部品を実装していきます。重要キーワードの@Stateが登場し、条件分岐、オプショナルバリュー、例外処理などコードも本格的になり、学ぶべきSwiftシンタックスも多くなります。Chapter 6は確認ダイアログ、シート、スクロールビュー、ダブビューの操作とグリッドレイアウトを取り上げます。複数データの処理もポイントです。Chapter 7はバインディングとオブジェクトの共有です。@Binding、@StateObject、@ObservedObject、@EnvironmentObjectの使用例や違いを示します。Chapter 8は地図表示です。シミュレータや実機で試してみましょう。最終章のChapter 9 では新機能のAsyncImage、async/awaitを使った非同期処理を解説します。
・Swift初心者のための基礎知識入門
SwiftUIを使うにしても、プログラミング言語Swiftの基礎力が欠かせません。そこで、各セクションを補完するように「Swiftシンタックスの基礎知識」を設けました。変数、演算子、制御構造、構造体、配列、関数定義、例外処理、オプショナル、クラス、継承など、これだけは知っておきたい内容を図とコードで丁寧に説明しました。コラム形式なので、繰り返し読み返したり、まとめ読みしたりしてもよいでしょう。
・ゴールはどこだ!?
新しいツールを手にするとそれだけで希望が湧き、道がひらけた高揚感を覚えます。ここで大切なのはゴールの設定。やり方やルールを変えても目指すゴールが変わらなければ今までと同じこと。どこへ向かうのか、自分のゴールはそこでよいのか。楽しい未来を語らなければ、楽しい未来はやって来ない。眠ってる才能を揺り起こし共に進むのだ!
著者略歴
大重美幸(オオシゲヨシユキ ooshigeyoshiyuki)
タイトルヨミ
カナ:ショウサイ スゥイフト アイフォーンアプリカイハツニュウモンノート ニセンニジュウイチ アイオーエスジュウゴ プラス エックスコードジュウサンタイオウ
ローマ字:shousai suゥifuto aifoonapurikaihatsunyuumonnooto nisennijuuichi aiooesujuugo purasu ekkusukoodojuusantaiou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
NHK出版:藤本有紀 NHKドラマ制作班 NHK出版 
三笠書房:清水建二 すずきひろし 
中央公論新社:堂場瞬一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。