近刊検索 デルタ

2020年6月25日発売

水声社

フライシャー兄弟の映像的志向

混淆するアニメーションとその空間
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
実写映像のトレースによって描かれたアニメーション、
実写の人物と対話し触れ合うアニメーション、
ミニチュアの舞台装置の中で動くアニメーション――
フライシャー兄弟の作品群には、3DCGIの普及した現代の映像環境を読み解くための重大な鍵が隠されていた…!
1920~30年代アメリカ、「ベティ・ブープ」や「ポパイ」での成功の裏に隠されたフライシャー・アニメーションの豊饒なる革新性を、当時の社会情勢や映像技術はもちろん、現代日本アニメーション――今敏『パプリカ』、押井守『スカイ・クロラ』、新房昭之『化物語』――へも射程を広げながら展望する!!
著者略歴
宮本裕子(ミヤモトユウコ miyamotoyuuko)
タイトルヨミ
カナ:フライシャーキョウダイノエイゾウテキシコウ
ローマ字:furaishaakyoudainoeizoutekishikou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

水声社の既刊から
オラシオ・カステジャーノス・モヤ/著 浜田和範/翻訳
川口幸也/著・編集
フィリップ・デスコラ/著 小林徹/翻訳
本日のピックアップ
大蔵財務協会:望月文夫 
日経BP:井上竜夫 オートデスク株式会社 
コロナ社:向井智彦 川地克明 三宅陽一郎 
日経BP:小笠原種高 桐島諾子 オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 ほか
誠文堂新光社:KakaraWoolworks青島由佳 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。