近刊検索 デルタ

2021年6月25日発売

水声社

ゴーガンを讃えて/異教の思考

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
最終配本、全巻完結! 20世初頭に、ヨーロッパ中心主義に異を唱え、異文化との衝突から生まれるダイナミズムを賞揚した詩人ヴィクトル・セガレン(1878-1919)の全貌。
架空のマオリ人が文明人を論難する哲学的対話『異教の思考』、偉大な芸術家の運命を描いた小伝『ゴーガンを讃えて』、芸術家が世を導く創世譚『快楽の師』など、若きセガレンがゴーガンの遺作に触発され独自のエグゾティスムを開花させた作品(小説、評論、旅日記)を収録。
【アマゾンでは新刊を販売しておりません】
著者略歴
丹治恆次郎(タンジツネジロウ tanjitsunejirou)
木下誠(キノシタマコト kinoshitamakoto)
ヴィクトル・セガレン(ヴィクトルセガレン vikutorusegaren)
タイトルヨミ
カナ:ゴーガンヲタタエテイキョウノシコウ
ローマ字:googanotataeteikyounoshikou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

水声社の既刊から
加藤有希子/著
アルフォンソ・リンギス/著 水野友美子/翻訳
J・G・バスケス/著
ミハイル・バフチン/著 佐々木寛/翻訳 ヴィクトル・ドゥヴァーキン/著
トンマーゾ・カンパネッラ/著 澤井繁男/翻訳

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。