近刊検索 デルタ

2020年4月27日発売

竹書房

蝦夷忌譚 北怪導

竹書房怪談文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
札幌市手稲区のコンビニ前に伏す黒い影。跨ぐと火に纏わる凶事が…
北海道の住宅地・民家で現在進行形で起きている怪、
今もっとも身近で恐ろしい道内のご当地怪談!!

大ヒット前作「恐怖実話 北怪道」の続編がよりディープになって帰ってきた!
【札幌市手稲区】店の前に横たわる黒い影。跨いだその日から火の禍が…「手稲区のコンビニ」
【札幌市北区】床にできる謎の水溜まり。水漏れでもないそれは一体…「北区のアパート」
【苫小牧市】お得な家具付き中古住宅。いざ住むと調度品に不気味な変化が…「ある家の傀儡」
【夕張市】老女の住む家の納戸から出てきた日本人形。老女の身近な人が亡くなると不思議な事が…「花ちゃん」
【恵庭市】不審死の続出するアパート。一体何が起きて…「アパートの変化」
【稚内市】家族全員が異なる霊に遭遇している魔の家…「稚内の家」
【旭川市】神居古潭に向かって夜空に延びる光の帯。そこに人影が…「旭川の流星群」
【小樽市】吹雪の日の追突事故には視界不良以外の恐ろしい原因が…「小樽の吹雪」
【千歳市】老人が孤独死した部屋の上の階に住む男。気が付くと下の部屋が導かれ…「膜」
【伊達市】洗濯機の中に落ち武者の生首が。そのまま洗ったところ…「洗濯日和」
【函館市】教員住宅の部屋に出る黒い人影。天井に吸い込まれていくそれは…「スルスルキエル」
【八雲町】祖父の箪笥の抽斗で見つけた包み紙。詮索するなと言われたその恐ろしき中身は…「宝探し」

他、家族の中で死が連鎖していく恐怖「独り暮らしの訳」など、道内の民家・住宅地・生活圏内で起きた怪事件全36話を収録!
著者略歴
服部義史(ハットリヨシフミ hattoriyoshifumi)
服部義史 Yoshifumi Hattori 北海道出身、札幌在住。幼少期にオカルトに触れ、その世界観に魅了される。 全道の心霊スポット探訪、怪異歴訪家を経て、道内の心霊小冊子などで覆面ライターを務める。 現地取材数はこれまでに8000件を超える。 著書に「恐怖実話 北怪道」(竹書房文庫)、その他共著に「恐怖箱 怪書」「恐怖箱 怪画」など。
タイトルヨミ
カナ:エゾキタン ホッカイドウ
ローマ字:ezokitan hokkaidou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
NHK出版:八津弘幸 NHKドラマ制作班 NHK出版 
新潮社:松下隆一 
アリス館:まはら三桃 めばち 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 
筑摩書房:恩田陸 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。