近刊検索 デルタ

2020年5月18日発売

竹書房

とろめきの終着駅

竹書房文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◎最果ての終着駅でとろけあう男と女!
◎心揺さぶる叙情地方エロス

高杉謙治は北海道の僻地にある終着駅で、長年、駅員として働いている。
独身の謙治は、幼なじみで未亡人の小百合に好意を寄せているが、彼女の亡夫は彼の親友であり、想いを告白することは出来なかった。
そんなある日、謙治は駅で具合の悪くなった旅行者の女を介抱する。
彼女は人妻で、結婚生活が上手くいかず、一人旅に出てここまで来たという。
そして彼女を慰めるうち、二人は一夜の関係を持つことに。
以来、わけありの女たちがこの駅を訪れ、謙治ははからずも彼女たちと身体を重ねていくのだった…!

最果ての終着駅でとろけあう男と女、癒しの地方官能ロマン。
著者略歴
葉月 奏太(ハヅキ ソウタ hazuki souta)
タイトルヨミ
カナ:トロメキノシュウチャクエキ
ローマ字:toromekinoshuuchakueki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。


連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。