近刊検索 デルタ

8月5日発売予定

竹書房

亡国の鉤十字(ハーケンクロイツ)

竹書房文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
解き放たれた秘密兵器<ロキの警笛>

十七世紀初頭のロシアは動乱期にあり、ツァーリも不在であった。東方民族の侵略が絶え間なく続き、国中に貧困と【飢@正字】餓と混乱が蔓延していた。そんなとき、コストロマの修道院に隠棲していた青年がツァーリに選出される。彼の名はミハイル・ロマノフ。異教の礼拝堂で手にした奇妙な十字架<スワスティカ>の導きを得て、ロマノフ王朝の創始者となったのだ。彼の王朝はおよそ三世紀にわたりロシアに君臨したものの、一九一七年、革命によって崩壊した。その混乱を避けるため、スワスティカは時の皇帝ニコライ二世によって国外に移管される。
トリスタンは失われたロマノフ王朝最後の秘宝がイギリスへに転出していた事実を【掴@正字】む。そして、ドイツ国防軍諜報機関の協力を得て別人になりすますと、ただちに渡英。半壊した大英博物館に眠るスワスティカの奪取に成功する。だが、それを手にした瞬間、名状しがたい遺物の魔力に囚われ、意識を失ってしまう。
二つ目のスワスティカはアメリカに渡り、三つ目は海底に眠る。世界の混沌を終わらせるためにも、 四つ目がナチス側に渡ることだけは絶対に避けなければならない。しかし、運命の女神がヒトラーに微笑んだかのように、スワスティカは親衛隊全国指導者であるヒムラーの手に――。そして今、最強の力を得たヒムラーがヨーロッパ戦線に勝利すべく、秘密基地<ヴァルハラ>の扉を開く!!

<四つの秘宝>の最後のひとつを手にし、聖遺物争奪戦の勝者となるのは誰か!? メタ戦記ミステリシリーズ、遂に完結。
著者略歴
エリック・ジャコメッティ(エリック ジャコメッティ erikku jakometti)
エリック・ジャコメッティ Eric Giacometti 『ル・パリジャン』誌などで活躍するジャーナリスト、作家。執筆活動の傍ら、フリーメイソンと因縁が囁かれるコートダジュール事件の調査などにも携わる。著作は本シリーズのほかに、累計220万部を突破した「マルカス警視」シリーズがある。
ジャック・ラヴェンヌ(ジャック ラヴェンヌ jakku ravennu)
ジャック・ラヴェンヌ Jacques Ravenne フランス大東社の【棟梁@ルビ:メートル】を務めるフリーメイソンリー。古文書の専門家でもある。エリック・ジャコメッティとは友人関係にあり、「マルカス警視」シリーズと本シリーズの共著者でもある。
大林 薫(オオバヤシ カオル oobayashi kaoru)
大林 薫 Kaori Ohbayashi フランス語翻訳家。青山学院大学フランス文学科卒業。訳書にエリック・ジャコメッティ&ジャック・ラヴェンヌ『ナチスの聖杯(上・下)』『邪神の覚醒』(上・下)』(竹書房/共訳)、ファビオ・ヴィスコリオージ『モンブラン』(エディション・エフ)などがある。
郷 奈緒子(ゴウナオコ gounaoko)
郷 奈緒子 Naoko Go フランス語翻訳家。早稲田大学教育学部理学科卒業。訳書にエリック・ジャコメッティ&ジャック・ラヴェンヌ『ナチスの聖杯(上・下)』『邪神の覚醒』(上・下)』(竹書房/共訳)、ジャン=ガブリエル・ガナシア『そろそろ、人工知能の真実を話そう』(早川書房/共訳)などがある。
タイトルヨミ
カナ:ボウコクノハーケンクロイツ
ローマ字:boukokunohaakenkuroitsu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
医薬経済社:吉成河法吏 安江博 
学研プラス:戸津井康之 
学研プラス:なんばきび 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。