近刊検索 デルタ

2021年10月8日発売

竹書房

恋の始まりはやむを得ない結婚から

ラズベリーブックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「私はあなたのことを知らないし、あなたも私を知らないわ」

花嫁に逃げられた子爵と失恋したての令嬢。
子爵を濡れ衣の罪から守るため、
一緒にいたと証言したことから、結婚するはめに……


【あらすじ】
ケンドール子爵ジョンは結婚式当日に新婦に逃げられ、以来世捨て人のようになって最新の機械開発に情熱を注いでいた。そんな中、隣の領地に住む侯爵の親戚エマと出会う。エマもまた失恋して以来、好きだった絵が描けなくなっていた。
ある日エマは偶然ジョンの機械工房にたどり着き、その構造の美しさに夢中になる。スケッチをさせてくれと頼んだが、すげなく断られてしまう。その後ジョンは殺人事件の濡れ衣を着せられるが、事件のあった日はひどい嵐から逃れるためエマとふたりで機械工房にいたのだった。そのことを話せば彼女の名誉を傷つけると黙っていたが、義憤にかられたエマは一緒にいたと証言する。ジョンの疑惑は晴れたが、ふたりは結婚しなくてはならなくなった。相手のことなどほとんど知らないのに……。
互いに別の人のことを好きだと思っていながらの結婚生活。ふたりの恋の行く末は?
著者略歴
アドリエンヌ・バッソ(アドリエンヌ バッソ adoriennu basso)
Adrienne Basso アドリエンヌ・バッソ  司書、財務コンサルタント、マーケティング・アナリストなどを経て結婚。ニュージャージー州へ移り住む。2人の息子に恵まれた後に本を書き始め、作家の道へと進んだ。
阿尾 正子(アオ マサコ ao masako)
阿尾正子 Masako Ao 英米文学翻訳家。主な訳書にハットン『妻に恋した放蕩伯爵』、ベック『間違いだらけの愛のレッスン』(竹書房)、デヴロー『この夏を忘れない』(二見書房)、ジョーンズ『アースクエイクバード』(早川書房)など。
タイトルヨミ
カナ:コイノハジマリハヤムヲエナイケッコンカラ
ローマ字:koinohajimarihayamuoenaikekkonkara

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

アドリエンヌ・バッソ 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
中央公論新社:中村圭志 
アリス館:やまぐちりりこ 土屋富士夫 
ニュートンプレス:マイケル・シュレージ 椿美智子 杉山千枝 山上裕子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。