近刊検索 デルタ

2022年5月26日発売

竹書房

出版社名ヨミ:タケショボウ

疫神記

竹書房文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「ワシントン・ポスト」紙の年間ベストに選出されたパンデミック超大作

日本の天文愛好家の発見した新彗星が地球近傍を通過した翌朝、十五歳の少女ネッシーが消えた。そして姉のシャナが発見したときには、無意識状態で歩き続ける不可解な存在と化していた。話しかけても無反応。一方で、行く手を阻めば全身から高熱を発し、激しく痙攣する。鎮静剤を打とうとすれば、注射針が折れるほど皮膚は硬化していた。
ネッシーが単なる夢遊病でないことはすぐに証明される。同じ夢遊状態で現れた男が、強引に押し込まれたパトカーの車内で爆発したからだ。この映像は瞬く間に拡散する。未知の感染症、中東のバイオテロ、合衆国政府の陰謀、ミュータント……数多の憶測が飛び交い、その間にも同じ症状者が次々現れ、ネッシーのうしろで列をなしていく。
表舞台に距離を置いていた感染症専門医のベンジーは、事態を洞見していた予測型AI「ブラックスワン」の導きで調査団に参加。ネッシーたちに帯同するが、手がかりすら掴めない。混乱が深まるなか、恐るべき真菌ウイルスが顕現する--。
著者略歴
チャック・ウェンディグ(チャック ウェンディグ chakku wendigu)
・著者プロフィール チャック・ウェンディグ Chuck Wending 1976年生まれ。小説家、脚本家。2011年『Double Dead』で小説家デビュー。邦訳に『ゼロの総和』(ハーパーコリンズ・ジャパン)、ニューヨークタイムズのベストセラーリストで4位を獲得した『スター・ウォーズ アフターマス』(ヴィレッジブックス )、コミック原作を務めた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 』(小学館集英社プロダクション)がある。
茂木 健(モギ タケシ mogi takeshi)
・訳者プロフィール 茂木 健 Takeshi Mogi 1959年生まれ。翻訳家。訳書にロバート・チャールズ・ウィルスン『時間封鎖』、ラヴィ・ティドハー 『完璧な夏の日』、ケイト・マスカレナス『時間旅行者のキャンディボックス』(すべて東京創元社)などがある。
タイトルヨミ
カナ:エキジンキ
ローマ字:ekijinki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ハイリスク・ノーリターン
公安のスパイ、山口祐二郎とは何者か

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
信山社出版:佐藤裁也 
牧歌舎:飯田廣恒 
講談社:荒木あかね 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。