近刊検索 デルタ

2023年1月30日発売

竹書房

出版社名ヨミ:タケショボウ

「超」怖い話 卯

竹書房怪談文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
〈祠のもの〉が言う。
「赤い猿、赤い兎は殺して喰え」
謎の祠を祀った山を守る一族に伝わる怪…
「ふしの」より

怪を聞き、怪を綴って32年目突入!
実話怪談のレジェンド、恐怖極めたシリーズ最新刊。


体験者から聞き集めた怪異を連綿と記録し続ける伝説の実話怪談シリーズ、卯年編。

・夫婦の寝室で聞こえる不安定な足音。
 生後すぐ亡くなった息子に違いないと言うのだが、そこにはある法則が…「蹈鞴」
・同級生をイジメで死に追いやった小学生。白を切ろうとするが、自殺した少年が現れて…「因業」
・山で遭難した姉弟が見た白兎と思しき姿。後を追った先にいたモノは…「鬼」
・山の兎だけは食べるなと言う祖母と、それを聞かぬ祖父。祖母がある呪文を口にすると猟に異変が…「ジビエ」
・なかなか治癒しない骨折と幻覚に悩まされる男。ギプスの中から謎の紙片が…「ギプス」

他、卯年にちなんだ兎絡みの怪など全30話収録。
著者略歴
加藤 一(カトウ ハジメ katou hajime)
加藤一 Hajime Kato 1967年静岡県生まれ。老舗実話怪談シリーズ『「超」怖い話』四代目編著者。また新人発掘を目的とした実話怪談コンテスト「超-1」を企画主宰、そこから生まれた新レーベル「恐怖箱」シリーズの箱詰め職人(編者)としても活躍中。近著に『「弔」怖い話』、主な既著に『「弩」怖い話ベストセレクション 薄葬』、「「忌」怖い話」「「超」怖い話」「「極」怖い話」の各シリーズ(竹書房)、「怪異伝説ダレカラキイタ」シリーズ(あかね書房)など。
久田樹生(ヒサダタツキ hisadatatsuki)
久田樹生 Tatsuki Hisada 1972年九州生まれ。2007年より冬の「超」怖い話に参加。主な著作に『「超」怖い話 死人』『「超」怖い話 ひとり』など。『牛首村〈小説版〉』などノベライズでも活躍中。
渡部正和(ワタベマサカズ watabemasakazu)
渡部正和 Masakazu Watabe 山形県出身、O型。怪の釣り人。2010年より冬の「超」怖い話に参加。主な著作に『「超」怖い話 鬼窟』『「超」怖い話 隠鬼』『「超」怖い話 鬼門』など。
深澤夜(フカザワヨル fukazawayoru)
深澤夜 Yoru Fukasawa 1979年栃木県生まれ。2014年より冬の「超」怖い話に参加。2017年『「超」怖い話 丁(ひのと)』より夏も兼任、一年を通じて活躍。主な著作に『「超」怖い話 鬼胎』など。
タイトルヨミ
カナ:チョウコワイハナシ ウ
ローマ字:choukowaihanashi u

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
Gakken:宮野公樹 
風媒社:溝口常俊 
ベースボール・マガジン社:佐藤和也 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。